経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 初秋の琵琶湖畔の街を歩く | TOP | お好み焼きげん気(大阪梅田) >>
成安造形大学UX研修プログラム #03 観察の記述
P1000508.JPG
 10月12日(月)午後、成安造形大学に到着。
P1000494.JPG
 今回は全5回の中日、前回行ったゼリーのオブザベーションで発見された問題を、解決したプロダクト(サービス)の提案をして貰います。
P1000497.JPG
 まずは、仮説のペルソナを作って貰う。
 ここで、下手を打つチームは、まったくなんの根拠もないペルソナを作ってしまう。w
 理想は、ゼリーを食べてくれた被験者から抽出した「困ったこと」を持っている人だ。
 被験者をそのままペルソナにするやり方もあるが、折角のゆるいWSなのでもう少し遠目の人物でも良いと思う。
P1000498.JPG
 「最後にゼリーを細切れにして啜るのが恥ずかしい」という問題を見つけたならば。
 「いつも可愛く見て貰いたい女子高校生」というのも良いかもしれないですね。w
P1000500.JPG
 次に9コマシナリオを描いて貰う。
 こういう項目で描いてみよう。
P1000502.JPG
 これが描ければ、もう少しクオリティを上げればコンセプトを説明するスライドになります。
P1000503.JPG
 出てきた問題は重みづけが無いので、それを虱潰しに直すのは得策では無い。
 大抵のエラーは3回使えば、慣れて使えるようになるものだ。
 本当に根本的な症状では無い病理を見つけよう。これがインサイト(洞察)ね。
P1000507.JPG
 どんどん描いてください。
P1000504.JPG
 完成したら発表だ。
P1000509.JPG
 各チームが発表!
 ばらつきはあるが、少しずつ何を気にしなくてはいけないかが分かって来た模様。
P1000510.JPG
 終わったらビアバッシュ。
 私はよく言うのですが、セミナーは懇親会に出るためのチケットだ。
 いろいろな方と話すのは、セミナー本番の3倍は勉強になると思う。
P1000511.JPG
 成安造形大のナナちゃんが、終了後のアンケートを使って振り返りをしてくれた。
 こういう取り組みは、なんでもやってみる事が尊いと思う。

◇関連ブログ:
【UX SHIGA 第3回】 ─調査の記述(ピクセラの宮島さん)
UX SHIGA#03 調査の記述(成安造形大4年生の石田くん)
UX SHIGA 03(成安造形大4年生の大川さん)
10/12第3回UXSHIGA振り返り(成安造形大3年生の松井さん)
UX SHIGA #03(成安造形大4年生のナナちゃん)
10/12_UX SHIGA3(成安造形大4年生の荒木さん)
UX SHIGA#3(シナジーマーケティング篁さん)

◇成安造形大学UX研修プログラム・アーカイブ
08月29日(土):第1回UX概論・ミニWS
09月12日(土):第2回オブザベーションWS
10月12日(月):第3回調査の記述 
11月14日(土):第4回エスノグラフィ
12月05日(土):第5回KA法とカスタマージャーニーマップ 

◇2015年10月の名古屋・滋賀・大阪
posted by アサノ | 06:20 | セミナー・ワークショップ関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3547
トラックバック
Search this site