経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2015年度 産業技術大学院大学「人間中心デザイン」履修証明プログラム UXデザイン方法論1 | TOP | 怪しい路地好き(消えゆく路地裏) >>
2015年度 産業技術大学院大学「人間中心デザイン」履修証明プログラム UXデザイン方法論2
DSC01044.JPG
 10月31日(土)、「UXデザイン方法論」の2日目。
DSC01047.JPG
 昨日書いて貰ったバリューシナリオを元に、各自でアクティビティシナリオを書いて貰う。
DSC01053.JPG
 普段からユーザーの体験を意識していない人は、このアクティビティシナリオで苦戦するのだが。
DSC01045.JPG
 書いたものを全部壁に貼り出してみる。
DSC01041.JPG
 意外といい線いってました。
 流石にこの履修プログラムに来る人たちだ。w
DSC01054.JPG
 続いて、インタラクションシナリオを書いて貰い、両方並べて貼り出す。
 講師に指摘されるよりも、出来るだけ多くの人の書いたものを見るのが勉強になるものだ。
DSC01048.JPG
 今日は2014年の履修生だった和田さんがグラレコをしに来てくれている。
DSC01078.JPG
 何人も昨年の履修生が見学に来たので笑った。ww
DSC01064.JPG
 インタラクションシナリオを元にUXフローを作成。
DSC01065.JPG
 この辺りはお得意なので、手がスイスイ動く。ww
DSC01071.JPG
 本来はインタラクションシナリオを書く前に、こちらを描いた方が効率的である。
DSC01072.JPG
 皆さん、なかなかお上手である。
DSC01073.JPG
 これだけワイヤーを描くのに慣れているのに、アクティビティ(ユーザーの活動)が上手く書けないのが面白い。
DSC01075.JPG
 こうやって全体像を見るのもいいね。
DSC01087.JPG
 最後の講評は、チーム数が多いのと、皆が時間がかかった為に、ポスター発表形式で行った。
DSC01082.JPG
 自分たちの考えたバリューからどのようなサービスを作るか説明する。
DSC01088.JPG
 これだけ資料が揃っていれば、相当きちんとコンセプトを儲かるかどうかも含めて話せるはず。
DSC01091.JPG
 HCD-Netのセミナーなどで私の講座を受けてくれている人が数名いたので助かった。w
IMG_5492.JPG
 2日間猛スピードでやり切りました。
IMG_5499.JPG
 「UXデザイン総合演習」では、このプロセスをじっくりひとつづつ確かめながらやりましょう。
 人は「知らないことは分からない」と言うが、これでビジョン提案型デザイン手法を知ったので、今後はいろいろな情報が入って来て知識に肉づけをしてくれると思います。
DSC01051.JPG
 終了後の懇親会場を探して予約する昨年の履修生たち。
 使えるの〜。w
IMG_5508.JPG
 1次会は青物横丁の変な居酒屋「四万十」で、街コンの真っただ中で飲み。
IMG_5505.JPG
 2次会は大井町の昭和な酒場「まりも」へ。
IMG_5504.JPG
 ここでもレーザーディスクで熱唱する地元の方々と一緒。w
IMG_5503.JPG
 きゅうりの入った「カッパハイ」。
 ああ、疲れた。。

2015年度UXデザイン方法論アーカイブ
10月31日(土):構造化シナリオ法
◇2015年度UXデザイン総合演習
01月16日(土):ペルソナ/シナリオ法
01月23日(土):構造化シナリオ法
01月30日(土):アクティングアウトとペーパープロトタイピング
02月06日(土):ウォークスルー評価とプレゼン

2014年度UXデザイン方法論アーカイブ
10月31日(金):エクスペリエンスビジョン・デザイン手法
11月01日(土):構造化シナリオ法
◇2014年度UXデザイン総合演習
01月17日(土):ペルソナ/シナリオ法

◇2012年度コンセプトデザイン方法論アーカイブ
01月12日(土):構造化シナリオ法
01月26日(土):ストーリーボーディング

◇2011年度コンセプトデザイン方法論アーカイブ
11月05日(土):バリューシナリオ・アクティビティシナリオ
11月11日(金):インタラクションシナリオ
11月18日(金):アクティングアウト
11月19日(土):ストーリーボーディング

◇2010年度コンセプト・リファイン方法論 アーカイブ
11月26日(金):ペーパープロトタイプ
12月03日(金):アクティングアウト
12月10日(金):ストーリーボーディング

◇2009年度
posted by アサノ | 06:19 | 大学・大学院 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3562
トラックバック
Search this site