経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2015年度 産業技術大学院大学「人間中心デザイン」履修証明プログラム UXデザイン方法論2 | TOP | 紅葉の富士山ドライブ >>
怪しい路地好き(消えゆく路地裏)
IMG_5516.JPG
 11月2日(火)、3日(文化の日)の休前日。
IMG_5517.JPG
 三軒茶屋の「富士屋本店グリルバー」に来た。
 この店が11月23日で閉まってしまうというので、お別れに来た次第だ。
IMG_5519.JPG
 元々は、私の子どもの頃からある釣り堀だった場所が廃業したのを、渋谷の「富士屋本店」がグリルバーに改装して始めたお店。
 そこが建物の老朽化か、或いは再開発なのか取り壊しになるという。
 食べ物も美味しくて、ワインも安くて、俺のなんとかよりもCPが高くていい店だったのに。
 更に家から激近なのが、尚更悔やまれるな〜。
DSC01098.JPG
 ワインでいい気分になって「すずらん通り」に来たよ。
DSC01099.JPG
 凄くゴミ溜めみたいに散らかったお店。w
DSC01100.JPG
 「味とめ」の女将に聞いたら「今いっぱいだよ」と断られる。w
DSC01103.JPG
 続いて246と世田谷通りに挟まれた三角地帯の「エコー仲見世商店街」に来たよ。
DSC01104.JPG
 まさに迷路のような魔窟。w
DSC01105.JPG
 ここも、近い将来再開発の波に呑まれて消えて行く運命とか。
DSC01108.JPG
 昔、マイケル・グレイブスが横浜に来て野毛の飲み屋街で「都市にはカオスが必要だ」と暗にMM21を批判したことがあったが。
DSC01109.JPG
 しかし、これだけの怪しげな路地裏がある場所も珍しい。
DSC01111.JPG
 しかし、この路地裏には一切暴力とエロスの匂いが無い。
DSC01113.JPG
 場所柄というのか、流石は世田谷だと思う。
DSC01114.JPG
 客筋がいいんだろうね。
DSC01115.JPG
 この路地が消えるのが早いのか。
DSC01116.JPG
 私が死ぬのが早いのか。。
DSC01117.JPG
 東京オリンピックを目指しているのだろうか?
IMG_5520.JPG
 世田谷線ホーム近くのバーでモヒートを飲んで帰る。

◇怪しい路地好きアーカイブ

北海道・東北
札幌すすきの
仙台壱弐参横丁と国分町その2
仙台壱弐参横丁と国分町その1

千葉
津田沼にぎわい横丁
千葉市栄町コリアンタウン
京成立石フィールドワーク
堀切菖蒲園
京成立石仲見世
 


山陰
中州・長浜・大名
福岡大名
沖縄
posted by アサノ | 06:24 | 怪しい路地好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3563
トラックバック
Search this site