経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 大原と鞍馬をスクーターツーリング | TOP | 京都でラーメン食べまくり >>
南禅寺と琳派展
IMG_8779.JPG
 11月17日(火)、今日は帰る日だ。
IMG_8780.JPG
 夕方の新幹線に乗るまでに、行けるところだけでも行っておこう。
IMG_8781.JPG
 ホテルを10時頃に出て、一旦息子のところに寄ってから、地下鉄東西線で蹴上に来た。
 本日最初の目的地は、ここも紅葉の名所「南禅寺」である。
IMG_8782.JPG
 昨日のツーリングと違って、標高が低いからなのか蒸し暑くてたまらん。w
IMG_8783.JPG
 紅葉も良い感じである。
IMG_8784.JPG
 南禅寺に来たのは、大学生かもしかしたら、その前以来かもしれない。
IMG_8785.JPG
 学生の頃は、毎夏日本中を放浪していて。
 京都にも大学1年生の頃、ひと夏過ごしたことがある。
IMG_8786.JPG
 いわゆるヒッピーというやつで。
 本当に小さな肩掛けバッグ1個で、どこにでも寝てた。駅の待合室や公園の芝生とか。w
IMG_8787.JPG
 京都には、我々のような浮浪者wを無料で泊めてくれる銀閣寺付近の大邸宅があって。
 なんでも同じ頃ヒッピーで泊まっていた神奈川大学の先生に聞いたら、会津家の家老の家らしい。ww
IMG_8788.JPG
 青少年の指導員みたいな老当主がお一人でいて。
 我々は大広間にゴロ寝するだけだったけど、それでも楽しかった。
IMG_8791.JPG
 食事はお金が無いので、毎食きつねうどんで。
 奮発する時はおいなりさんが付いた。w
IMG_8793.JPG
 お風呂に入ったり、洗濯をした記憶が無いのだが、どうしていたのだろうか?
IMG_8794.JPG
 昼過ぎまで大広間で、タオルケットをかけたぐらいで寝ていて。
 日中は暑いので、エアコンの効いた博物館との常設展示(安いから)で時間を潰し。
 夜はJAZZ喫茶で、コーヒー1杯で延々と粘るのだ。
 そんな旅のスタイルは、後々のパリやミラノなどヨーロッパ各地でもずっと続いた気がする。
IMG_8795.JPG
 なので、私の旅のスタイルは名所旧跡を巡るのでは無く、その土地の底辺に沈殿する感じかな。w
IMG_8797.JPG
 そういう夏の1日に、この南禅寺に立ち寄った記憶がある。
IMG_8799.JPG
 その当時は門前の参道だったか、湯豆腐屋さんが軒を並べており。
IMG_8800.JPG
 「あ〜腹が減った」「大人になったら食べてみたい」と思った感情だけは、未だに忘れない。
 まだ食べていないけど。ww
IMG_8802.JPG
 それと、この「水路閣」という琵琶湖疏水を京都に引くたものアーチ橋にビックリしたことを憶えている。
IMG_8806.JPG
 そんな思い出の詰まった境内を歩く。
IMG_8807.JPG
 その時は真夏で、こんなにきれいじゃなかったな〜。w
IMG_8808.JPG
 南禅寺から永観堂に向かう途中にあるのも、琵琶湖疏水をひく水路か?
IMG_8810.JPG
 途中にあった「東山中学・高等学校」は、いかにも賢そうな学校だった。
 私も、人生の中の一時は京都で学びたかったな〜。
IMG_8811.JPG
 紅葉の名所「永観堂」に到着。
IMG_8812.JPG
 おお!ここの紅葉はきれいだ。
IMG_8813.JPG
 しかし、あまりの人出にびびって、そこそこで退散。。
IMG_8814.JPG
 「京都市動物園」の横を通って。
 この水路が琵琶湖疏水の出口かな。
IMG_8815.JPG
 ちょっといい感じの道を歩き。
IMG_8816.JPG
 「瓢亭」か。
IMG_8818.JPG
 「朝がゆ」が4500円か。。
IMG_5753.JPG
 最後に京都国立博物館でやっていた「琳派誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る」を見て、終了。
 出ると同時に雨がザーザー降ってきた。

◇2015年秋の京都アーカイブ
11月17日(火):南禅寺と琳派展
posted by アサノ | 06:15 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site