経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 師走の京都(金戒光明寺から南禅寺) | TOP | 2015年夏イタリアドライブ旅行 3日目 路地裏のバールで飲む >>
2015年夏イタリアドライブ旅行 3日目 フィレンツエの街歩き
IMG_4958.JPG
 しばらく休憩した後に、ゲストハウスの斜め向かいにある「TIMショップ」にプリベイドSIMを買いに来た。
IMG_5009.JPG
 4Gの5GBで24ユーロだった。
 持って行ったiPad miniに入れて、ちゃんとアクティベートもしてくれた。
 以降Google Mapのお世話になる。w
IMG_4962.JPG
 再びドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)まで来た。
IMG_4963.JPG
 ここがフィレンツェ観光の起点になる。
 ドゥオモ広場から南に向かってアルノ川方向へ歩いて行くと。
IMG_4966.JPG
 塔のあるのは「ヴェッキオ宮殿」といって昔のフィレンツエ行政府。
IMG_4967.JPG
 イタリアはおまわりさんがいろいろいて。w
 この人達は多分「カラビニエリ」と言って国家治安警察(憲兵)みたいだ。
IMG_4970.JPG
 フィレンツエ行政府の前にはミケランジェロの「ダビデ」像がある。
IMG_4972.JPG
 これは誰の作かな?
IMG_4973.JPG
 フィレンツエ行政府の横を入ると「ウフィッツィ美術館」だ。
 元はフィレンツエ行政府(ヴェッキオ宮殿)の事務棟ね。
 有名なボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」とかがある。
IMG_4974.JPG
 やっと気がついたのだが、今日は月曜日で美術館や博物館が全部お休みだった。ww
IMG_4978.JPG
 浅野家のメンバーは、基本的には名所旧跡に興味が無いし。
 私は腐るほどここに来ているので、平気々々。ww
DSC07196.JPG
 さらに歩いてアルノ川にかかる「ポンテ・ヴェッキオ(ヴェッキオ橋)」に来た。
IMG_4982.JPG
 この橋は二階建てになっていて、上層は「ヴァザーリの回廊」と言って、ヴェッキオ宮殿からこの橋の渡った先にあるメディチ家の館「ピッティ宮」まで専用通路になっている。
IMG_4983.JPG
 ヴェッキオ(古い)という意味でフィレンツエ最古の橋らしい。
IMG_4990.JPG
 なぜか鍵が沢山ぶら下がっている。
DSC07201.JPG
 地元の言い伝えによると、ヴェッキオ橋に南京錠をくくりつけ、そのカギをアルノ川に投げ入れたカップルは、永遠に結ばれるそうだ。
 最近ではその重さで橋が傷んで、つけているのを見つかると捕まるらしい。w
IMG_4985.JPG
 橋の上は貴金属屋さんが並ぶ。
IMG_4991.JPG
 まあ、フィレンツエの観光名所ですね。
IMG_4992.JPG
 この人達は「カラビニエリ」の婦警さん。
IMG_4994.JPG
 ナポリの駅前の露店で買って来たパンツ。
 一応、地元の人も似たようなプリントを履いているね。
IMG_4993.JPG
 足の長さが全然違う。w
IMG_4996.JPG
 橋を渡ってしばらく歩くと「ピッティ宮殿」がある。
 初代トスカーナ大公であるメディチ家以降、代々の大公の居城となった場所。
 アルノ川を渡ると、シニョーリア広場にごまんといた中国人観光客がパッタリと居なくなる。w
IMG_5016.JPG
 観光地フィレンツエとは一線を画した静かな街になる。
IMG_5017.JPG
 静かでいいね。
IMG_5001.JPG
 今回の本当の目的はここ「ラ・スペコラ美術館」に来ることだったのだ。
 ここは、人体解剖蝋人形のコレクションが世界的に有名なのだ。ww
IMG_5014.JPG
 いやはや、他の美術館はいいのだが、ここをカホちゃんに見せてあげれなかったのが残念だ。
IMG_5004.JPG
 気を落としたので、バールで休憩。
IMG_5005.JPG
 イタリアにもアイスコーヒーがあるんだね。w
IMG_5022.JPG
 気を取り直して、しばし街を歩く。
IMG_5025.JPG
 スーパーがあったので入ってみた。
IMG_5027.JPG
 トスカーナはプロシュート(ハム)が美味いんだよな〜。w
IMG_5029.JPG
 浅野家のメンバーは、名所旧跡よりこういう場所が好き。
IMG_5028.JPG
 市井の人の生活の匂いがする場所が一番好き。
IMG_5030.JPG
 イタリア人もバナナ食べるんだ?
IMG_5031.JPG
 野菜の色が濃いね。
 トスカーナは「アグリツーリズモ」が有名だよね。
IMG_5035.JPG
 また歩きはじめる。
IMG_5036.JPG
 お店を覗いたり。
DSC07227.JPG
 路地裏を覗いたり。
IMG_5059.JPG
 サント・スピリト教会
 
IMG_5060.JPG
 向かい側に惣菜屋があった。
IMG_5056.JPG
 そろそろ腹も減ってきたので。
IMG_5039.JPG
 何か買って食うか。
IMG_5038.JPG
 二人の旅は、こういうのが楽しい。
IMG_5043.JPG
 ロケーションも良い。w
IMG_5044.JPG
 パンにプロシュートを挟んで貰って、マカロニサラダを買って来た。
IMG_5045.JPG
 ちゃんとテーブルとイスがある。ww
IMG_5048.JPG
 じゃ〜ん!
IMG_5049.JPG
 美味い美味い。。
IMG_5052.JPG
 こういう喜びは一人旅では味わえないな。
DSC07220.JPG
 もぐもぐ
IMG_5065.JPG
 ちょっと角を曲がるとサント・スピリト広場がある。
IMG_5062.JPG
 おお!旧型のパンダ4×4だ。
 私は今から30年ぐらい前に、日本1号車に乗っておった。
IMG_5067.JPG
 イタリア人はオープンカフェが好きだ。w
IMG_5068.JPG
 というか、屋外が好きだよね。
IMG_5069.JPG
 気候は暑いが、湿気が無いのでカラッとしているから屋外が気持ちが良い。
IMG_5073.JPG
 こちらは、ちょっと高級な屋根付き。w
IMG_5074.JPG
 ピッツアを食べてます。
IMG_5077.JPG
 わしらは、こっち系か。。
IMG_5078.JPG
 また歩き出す。
DSC07225.JPG
 こういう、ひとつひとつがお洒落なんだよね〜。
IMG_5086.JPG
 こりゃなんだ。。
IMG_5092.JPG
 汚くは無い。w
IMG_5093.JPG
 バイオリンの音色が壁にこだまして、とても大きく響いている。
IMG_5098.JPG
 果物食べたいな。
IMG_5100.JPG
 イタリアでは、果物を触って品定めすると怒られる。w
DSC07229.JPG
 裏路地を歩く。
IMG_5103.JPG
 路地が美しい場所は、イタリアと京都ぐらいだな。
IMG_5110.JPG
 迷っているだけで楽しい。
IMG_5111.JPG
 また1軒家を建てたくなってきた。w
IMG_5113.JPG
 なぜイタリアでは自転車が絵になるのだろう。
IMG_5115.JPG
 おお!いいな。 #三叉路マニア
IMG_5116.JPG
 似合いすぎていて、全然違和感が無い。w
IMG_0041.JPG
 小さな広場で休憩。
IMG_0042.JPG
 路地と路地の中心にちいさな広場があるのって、素晴らしい都市の文法だよね。
IMG_5118.JPG
 #三叉路マニア
IMG_5120.JPG
 ワークショップ!
IMG_5122.JPG
 後で、夜になったらもう一度来てみようか。
IMG_5124.JPG
 窓辺の天使
IMG_5127.JPG
 この人達は文民警察官の国家警察ね。さっきのカラビニエリとは違う制服。
 本日の位置関係。
 アルノ川を渡った方が、本当のフィレンツエが味わえる。
IMG_5133.JPG
 再びアルノ川を渡ってドゥオモ広場方面に戻る。
DSC07230.JPG
 珍しく、人に記念撮影して貰った。
IMG_5136.JPG
 突如雨が降り出した。。
IMG_5137.JPG
 雨宿りしたら、修学旅行中の高校生と一緒になった。
IMG_5138.JPG
 インスタントのパスタ食べてる。w
IMG_5140.JPG
 こういうツアーもあるらしいが、雨には弱いね。w
IMG_5142.JPG
 雨宿りしがてら、なんの気なしに両替をしたら。
 80ユーロぐらいなのに、20ユーロ以上の手数料を取られてやがる。
 怒ってレート表を指さして抗議したら「ここに書いてある」と後ろにある別の文言を指さされた。
 イタリアの観光地は気を許したらいけないことを忘れていた。
 くやし〜!
IMG_5144.JPG
 この辺りだから、これから行く人はお気をつけを。
 その後観察していたら、中国人の観光客は皆気がつかずに平気で替えていた。w
IMG_5152.JPG
 腹が立つから、クールダウンにアイスキャンディーを食った。
 帰って昼寝する。

◇2015年夏イタリア・ドライブ旅行アーカイブ
08月06日(木):旅行概要
08月07日(金):持って行くカメラ
08月08日(土):1日目ナポリに到着
08月09日(日):2日目ナポリの下町
08月09日(日):2日目ナポリ駅周辺
08月10日(月):3日目フィレンツエの街歩き
08月11日(火):4日目夜の路地歩き
08月12日(水):5日目海岸線に向かう
08月14日(金):7日目帰国
posted by アサノ | 06:28 | 2015年夏 イタリア親子旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3603
トラックバック
Search this site