経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2015年台湾サービスデザインツアー2日目 淡水に行ってきた(海岸編) | TOP | 2015年台湾サービスデザインツアー2日目 淡水に行ってきた(山手編) >>
UX京都中級編#01構造化シナリオ法
P1010969.JPG
 3月5日(土)、京都五条。
P1010873.JPG
 ロフトワークさんの「MTRL KYOTO(マテリアル京都)」に来ています。
P1010859.JPG
 今年も始まったUX京都さんのワークショップの講師です。
 主催者の「翠灯舎」社長田中さんと。
P1010870.JPG
 もうお一人の主催者「おいかぜ」社長の柴田さん。
 全国のUXコミュニティーを見ていると、デザイン事務所の社長さんが主催するものと、若い人が集まって行う草の根的なものに大きく別れる。
 前者な事業慣れしているので、運営はスムーズUX神戸やUX広島など。
 後者は意識の高い仲間が集まって協議しながら運営しているUX福岡やUX名古屋、最近ではUX関西など。
 UX京都は面白くて、1年ごとに主催をバトンタッチしながら様々な形態で活発な運営を続けて、今年で4年目だ。
 日本のUXコミュニティーとしては、渋谷UXやUX名古屋に続く老舗である。
P1010882.JPG
 翠灯舎の土門さんのオープニングでスタート!
P1010890.JPG
 最初の約1時間は講義。
 中級者編なので「UXとは?」みたいなのは極力カットして、少ない時間を有効活用します。
P1010898.JPG
 続いてワークに入る。
P1010901.JPG
 この会場は環境が良くて、凄くやり易い。
P1010905.JPG
 このチームは、以前からUX京都で勉強してくれている人達で組んだドリームチーム。
 結果は如何に。w
P1010913.JPG
 今日はひたすらシナリオを書きまくる。
P1010917.JPG
 構造化シナリオは頭が熱を持つぐらい大変だけど、そのトンネルを抜けると「ユーザーの体験」というものがはっきり分かるので、中級クラスには必須の技術だ。
 頑張ろう!
P1010929.JPG
 UX関西の主催メンバーでもあり、私の関西エリアの高弟でもある徳見さんが来てくれました。
 彼女のUX関西も4月からスタートしますよ。
P1010938.JPG
 ひたすら書きまくった後は、次回4月02日(土)からペーパープロトタイプを作って評価を繰り返します。
 
◇2016年度UX京都アーカイブ
04月02日(土):中級編第2回ペーパープロトタイピング
04月23日(土):中級編第3回体験プロトタイピング
posted by アサノ | 06:12 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3670
トラックバック
Search this site