経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 上野谷中墓地で墓参り | TOP | 單車環島1號線(行きたい) >>
小松誠さんのチャポット
P1030421.JPG
 3月27日(日)、数年ぶりに小松誠さんの「cha-pot」を新調した。 
 なかなか見つからなかった「つる首」があったので買ってしまったのだ。 
 ノーマルタイプは、どうしても尻漏れするので、断然こちらの方がいいな。 
 私はお茶飲みなので、日に3回は使う。w 

 ちなみに、ポットが乗っている椅子は、工業デザイナー秋岡芳夫さんの「あぐらのかける男の椅子 」。
 これも日本の初期の工業デザインだ。
 テーブルとこの椅子は、クツを履かない生活用で。通常のテーブルが高さ70〜72cmあるのに対して60cmぐらいで、イスの座面も35cmととても楽チンだ。
 うちの子ども達は、これで育った。w

posted by アサノ | 06:13 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3684
トラックバック
Search this site