経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< 2015年台湾サービスデザインツアー5日目 台北デザインファーム巡り遊石設計 | TOP | 円山公園で祇園の夜桜を観る   >>
UX京都中級編#02ペーパープロトタイピング
DSCF4604.JPG
 4月2日(土)UX京都の2回目はペーパープロトタイピング。
DSCF4613.JPG
 前回は会場が「MTRL KYOTO(マテリアル京都)」さんの1階だったのが、今回は2階の和室。
DSCF4614.JPG
 凄く紙を広げて使う日なんだけど、上手く行くかな?
DSCF4618.JPG
 前回書いたアクティビティシナリオを基にストーリーボードを描く。
DSCF4624.JPG
 いちいち、スニーカーを脱いで畳に上がるのが面倒くさいと顔に書いてある。w
DSCF4702.JPG
 シナリオから絵コンテになって、更にユーザー体験の粒度が細かくなるわけやね。
DSCF4641.JPG
 続いて、ストーリーボードを基にワイヤーフレームを描く。
 ついつい、ワイヤーだけ描きたくなるが、ユーザー体験を操作に落とし込む気持ちを忘れ無いように必ずストーリーボードが先だ。
DSCF4646.JPG
 ワイヤーが出来たら、クラフト紙の上でチーム全員が描いたワイヤーを並べて遷移図を作る。
DSCF4647.JPG
 細いロール状のテープがあると便利。
DSCF4662.JPG
 全員のワイヤーを並べると、わりと整合性が取れなくなるので、どんどん書き込む。
 実務だとほとんど1人でやるので、かえって上手くいく。w
DSCF4665.JPG
 時々ストーリーボードで推敲すること。
 操作ではなく、ユーザー体験が一番大切なのだ。
DSCF4668.JPG
 途中に抜けた画面とかあるので、まず付箋に書いて貼り。
 急いでワイヤーを描いて差し替える。
DSCF4716.JPG
 出来たら、いくつかの利用シーンを組み合わせた複雑なタスクで評価してみる。
DSCF4675.JPG
 最後に写真を撮って。
DSCF4678.JPG
 プロトタイピングツールに取り込む。
 今回は東京から遠藤先生が来て下さって、指導してくれた。
DSCF4685.JPG
 ふむふむ
DSCF4705.JPG
 自分たちもやってみよう。
DSCF4707.JPG
 撮ったワイヤーの写真を、プロトタイピングツールの「Prott」に取り込む。
DSCF4708.JPG
 PCでも出来るし、スマホだけでも出来る。
DSCF4724.JPG
 さあ、次回はこのProttで作ったプロトタイプを持って街に出て「体験プロトタイピング」だ。
 いろいろまずい所がボロボロ出て来るよ。w

◇主催者ブログ:<レポート>中級編ワークショップ中編 「プロトタイピングを活用したサービス開発」を開催しました! 
◇2016年度UX京都アーカイブ
03月05日(土):中級編第1回構造化シナリオ法
04月02日(土):中級編第2回ペーパープロトタイピング
04月23日(土):中級編第3回体験プロトタイピング

◇4月の京都
04月02日(土):UX京都#02ペーパープロトタイピング
04月02日(土):円山公園で祇園の夜桜を観る
 
posted by アサノ | 06:13 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3693
トラックバック
Search this site