経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 和醸良麺 すがり(京都四条烏丸) | TOP | 2015年台湾サービスデザインツアー6日目 基隆夜市と西門町で打ち上げ >>
君は台湾の万能炊飯器大同電鍋を知っているか?
07.JPG
 昨年、台湾の街を歩いていたらこれに出会った。
02.jpg
 台湾のコンビニには必ずこの「茶葉蛋(チャーイエダン)」という煮卵が売ってるんだが、それが入っている炊飯器みたいな鍋がある。
20160328_1704323.jpg
 最近は結構きれいになったが、昔からかなり年季ものが置いてあった。
P1020987.JPG
 屋台でも大活躍。
01.jpg
 それが台湾の万能炊飯器「大同電鍋」である。
03.jpg
 私もそれの最新型ステンレス製のが欲しいのだ。
02.jpg
 蒸籠というオプションをのせると蒸し器に変身。
 小龍包とか出来ちゃう。w
06.jpg
 機能はシンプルで、外鍋に水を入れて、内鍋に具材を入れて蒸すだけ。
 お米も内鍋に水を少なめに入れれば20分ぐらいで美味しく炊けるそうだ。
 付属のザルを逆さまにして置いて、その上に冷凍食品を乗せて蒸せば解凍も出来る。

1.シンプルで多彩な料理できる 使い方は材料と水を入れて、スイッチを押すだけです。
 食材によって水量を変えるだけで、炊く、蒸す、煮込む、温めることができます。
 また、火加減調整がいらないので、電気釜に一品を仕掛けてから調理する間に、別の料理をすることができます。
 多忙な現代人にとって強い味方です。
2.タイマーセット不要 外釜の水を蒸発させることで加熱する仕組みになっており、料理が完成すると自動的にスイッチが切れます。
3.安心・安全 大同電気釜は、蒸気の力で蒸す、炊く、煮込むを行う調理器です。
 電子レンジと違って、電磁波、マイクロ波が出ないので、 電磁波の害の心配がいらないです。
4.健康・美味しい 食材が持つ本来の旨味や栄養を閉じ込めますので、より健康や美味しい料理を楽しめます。
ヤフー!ショッピング
04.jpg
 構造はしごく簡単で、底に電熱器が入っているだけ。
 外鍋の水が沸騰して蒸発してカラになったら、煮飯から保温に変わるだけだ。
 ハイテク企業なのに面白いね。
 台湾の人の割り切り方は、フランス人みたいで好きだ。w
01.JPG
 台湾ではどこで買うかというと「大同公司」グループの家電販売網「大同3C」に行けば良い訳です。

 台北にもいっぱいありますね。
 次回行ったら買って来よう。

◇一青窈のお姉さん:一青妙さんのブログ
posted by アサノ | 06:17 | 道具好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3702
トラックバック
Search this site