経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2016年春台湾南部の旅 2日目剥皮寮歴史街区 | TOP | 2016年春台湾南部の旅 2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場) >>
ラーニングバーをやってみた(五反田トレタ)
DSC06298.JPG
 5月21日(土)、五反田の「トレタ」さんのお洒落なオフィス。

 五反田って普段は来ないよね〜。
 「TOC」って初めて来たよ。
DSC06299.JPG
 今回は、いろいろな場所でお話をした内容なのだが。
 いつもアンケートに「もっとちゃんと聞きたかった。」というコメントが多く。
 90分から、120分に更に150分にまで伸ばしても、まだ聞きたいという。ww
01.jpg
 ならば、3時間話して、更に議論をさせるという荒業を企画したのだ。
 流石に最初は募集が伸び悩み、ヒヤヒヤもしたが。
 蓋をあけてみれば、しっかり集まって頂けてスタッフの皆さんにも顔が立ちました。w
DSC06302.JPG
 今回は、ただ話を聴いて頂くだけではなく。
 「ラーニングバー」という形式で、聞いた話をネタにコーヒーやビールを片手にディスカッションして頂こうという趣向だ。
DSC06303.JPG
 まず、私の話を元に。
 議論したいこと、聴いてみたいこと、自分でアピールしたい事を書いた紙を持って会場を徘徊する。w
DSC06310.JPG
 人の持っている紙を見て、この人と話したいと思ったらその場でセッションがスタートだ。
DSC06315.JPG
 ラーニングバーには、ちょっとお腹が空いたり喉が渇いたり、ひと休みしたい時の為に飲み物とスナックが用意されている。
 しかし、ビアバッシュでは無いのでピザや一人で何缶も飲むほどのビールは無いよ。w
 このちょっとさ加減が、なかなかスタッフに伝わらなくて。
 「海外のカンファレンスのコーヒーブレィクみたいにしてよ。」とお願いしました。余計分かんないか。w
DSC06327.JPG
 このちょっと高めのカウンターがディスカッションし易くていいな。
DSC06332.JPG
 アルコールの摂取量の多いグループは議論も熱いか?ww
DSC06335.JPG
 意外と恥ずかしがる人は少なくて、議題を箇条書きにして次々と議論して廻る人もいる。ww
DSC06337.JPG
 段々、議論の輪が大きくなって。
 こういう風に、いろいろなスタイルで議論できる環境っていいな。
 トレタさんはラーニングバーの聖地になれそうだ。w
DSC06344.JPG
 最期に議論の結果をまとめて貰う。
DSC06346.JPG
 約1時間半のディスカッションで、かなりしっかりした意見と疑問が出てきた。
DSC06347.JPG
 ほぼ、日本中の「自分の組織にUXを持ち込むには、こんな障害があるんだけどうしたらいいのか?」という、ほぼ想定内のまとめが噴出。w
DSC06349.JPG
 でも、各チームが違う方向から見た話をしたので。
 今日の参加者は凄く優秀だと思った。
DSC06350.JPG
 それに、上手くリフレーミングした答えが出来ただろうか。
 こういうのは、話すだけより自分も勉強になるな〜。
IMG_7612.JPG
 終了して、五反田の「クラフトマン」でスタッフの打ち上げ!
IMG_7613.JPG
 ここは食べ物美味いんだよな〜。
IMG_7614.JPG
 スタッフじゃないのに、乱入して一番騒いで行った二人。
IMG_7615.JPG
 これ美味しかった「千葉県産フレッシュマッシュルームとクレソン、セルバチコのサラダ 」。
IMG_7617.JPG
 フリッツもマヨネーズがいける。
IMG_7618.JPG
 はずれの無い「ソーセージの盛り合わせ」。
IMG_7619.JPG
 最期は「ストーブ飯」というから何かと思ったら「STAUB鍋」の事だった。
来れも美味い!
IMG_7620.JPG
 スタッフじゃない酔っぱらい娘達と渋谷で2次会して深夜バスで帰りました。
 「学び」って楽しくないといかんよね。ww
posted by アサノ | 06:21 | セミナー・ワークショップ関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3726
トラックバック
Search this site