経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< 某社 UX研修 #02 オブザベーション | TOP | UX 関西 #02 エスノグラフィ(前編フィールドワーク) >>
左京区散歩
P1030784.JPG
 6月03日(金)、午前中に講演会の打ち合わせを済ませて、丸太町近辺に出かけて来た。
P1030787.JPG
 最近、京都市内でもめっきりと丸太町以北に来ることが多くなってきた。
P1030789.JPG
 ちょっとだけ、血中の京都濃度が高まったのか。w
P1030797.JPG
 今日は「誠光社」には用は無くて。
P1030788.JPG
 隣のカフェにランチを食べに来た。
P1030791.JPG
 「ItalGabon(アイタルガボン)」というお店。
P1030790.JPG
 全部木で出来ていて、落ち着いた雰囲気。
P1030792.JPG
 パスタのランチセットをお願いしたら、有機野菜のサラダが出て来て。
P1030794.JPG
 「生ハムと賀茂茄子のアラビアータ」ちょっと辛い。
 これに、パンと飲み物がついて980円。
P1030815.JPG
 自転車で北上して、紫明通りの「ジャイアントストア」に行った、ついでに前回定休日で入れなかったカフェで休憩。
P1030821.JPG
 おお!今日はやってた。w
P1030813.JPG
 とっても素敵なお店。
 「WIFE&HUSBAND」読んで字のごとく、若いご夫婦でやっておられる。w
P1030808.JPG
 京都の本屋さんやカフェは、時と場合によっては人生観が変わるぐらいの経験をすることがある。
P1030811.JPG
 ここの店もそうだな〜。
 幸せに暮らすには、これだけでいいんだよなと思わせる。
 豪華じゃないけど趣味の良いものに囲まれて、殆どが自転車やPCのように「人力を少しだけ増幅してくれる」ものだけで生きて行くことって可能なんだよね。

 烏丸通りと北大路通りがぶつかって、右に曲がって鴨川を渡る手前。
P1030822.JPG
 週明けに「しまなみ海道」を自転車で走るので、泥縄ではあるが少しは足慣らしをしよう。w
P1030824.JPG
 京都には鴨川が無くてはいけない。
P1030827.JPG
 観光客が来ない場所。
P1030831.JPG
 JKがゴミ拾いをしていた。
 上流では京大生たちが測量実習をしていた。
 京都の日常風景。w
P1030840.JPG
 日が暮れて来たころに一乗寺の「けいぶん社」に寄って。
P1030838.JPG
 ここも人生観の変わる店。
 自分に月極の「けいぶん社予算」を与えたい。w
P1030833.JPG
 元田中の「上海バンド」。
P1030832.JPG
 京都に来ると3回に1回ぐらいは来るな。w
IMG_7742.JPG
 中華と言っても、酒のつまみばかり。
IMG_7746.JPG
 これ美味しかった「海老と卵とピーマンの唐辛子炒め」。
P1030834.JPG
 隣は「BAR探偵」。
 ちゃんとオーセンティックなバーですよ。
P1030846.JPG
 最期は、由井先生に教わった秘密の場所にホタルを見に行く。
P1030844.JPG
 真っ暗闇を飛び回るホタルは人の魂のようだ。
 幽玄というのは、こういうことなのだろうか。
P1030854.JPG
 やはり京都は人間と人ならぬものが共存している場所なのかな〜と思う。
 
posted by アサノ | 06:22 | アサノ家関西移住計画 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3744
トラックバック
Search this site