経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ONOMICHI U2(尾道) | TOP | しまなみ海道(中編:大三島でバーベキュー) >>
しまなみ海道(前編:尾道〜生口島)
DSC00515.JPG
 6月06日(月)の朝、おはようございます。
DSC00514.JPG
 尾道から小さな渡し船のようなフェリーに乗って、最初の島「向島」に渡る。
DSC00518.JPG
 しまなみ海道は、ずっとこの青い線に沿って走って行けば四国今治に着くそうだ。

 これが「しまなみ海道」の全体像だ。
DSC00519.JPG
 向島から第2の島「因島」に渡る因島大橋に向かう。
DSC00520.JPG
 朝の穏やかな瀬戸内海の景色。
DSC00521.JPG
 脇道も、なんだかそそられるね。w
DSC00524.JPG
 どうも、これは因島大橋じゃないらしい。
DSC00526.JPG
 昨夜は咳と微熱でほとんど眠れなかったが、走り出したら元気になってきた。
 何事もモチベーションが大切だね。
DSC00528.JPG
 休憩スペースがあったので、ひと休み。
 向こうに見えるのが因島大橋だ。
DSC00530.JPG
 こういう景色がずっと続くのは贅沢だな〜。
DSC00531.JPG
 スタートの向島をすんなりとクリアして、なんだか調子がいいぞ。w
DSC00532.JPG
 気持ちの良い海岸べりを快走。
DSC00533.JPG
 あれれ、ここは何だろう?
 ちょっと素敵な建物だ。
DSC00535.JPG
 「立花食堂」というらしい。
 まだ開店していないんだな、残念。
DSC00536.JPG
 さあ、最初の難関、因島大橋への登り坂だ。w
DSC00538.JPG
 橋の入口はかなり高い所にあるので、毎回島に渡る度に急な坂を登らなくてはならないのだ。w
DSC00539.JPG
 おお、やっと登り切ったぞ。ww
DSC00542.JPG
 因島を走り始めたら、変なのがいた。w
DSC00543.JPG
 脇道に逸れて、急な坂を登って今回の目的地の一つにやって来た。ふぅ
 ここだ!
DSC00545.JPG
 明治から昭和にかけて日本中に西洋建築を設計した「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」の作品がこの島にもある。
DSC00548.JPG
 「白滝山荘」というペンションになっているというので、見に来たのだ。
DSC00565.JPG
 おばあちゃんに声をかけて、内部を見学させて頂く。
DSC00551.JPG
 おお!ヴォーリズっぽい重厚な食堂だ。
DSC00558.JPG
 寝室は、以前のオーナーであった宣教師ご一家の部屋だとか。
DSC00559.JPG
 途中で1泊するには、尾道に近すぎるので計画が立てにくいんだよな〜。
DSC00564.JPG
 宣教師ご一家の住居でした。
DSC00568.JPG
 この高台まで登って来たので。
DSC00566.JPG
 しばし休憩。w
DSC00569.JPG
 再び走り始める。
DSC00570.JPG
 先はまだまだ長い。w
 全行程が70劼阿蕕い覆里如慣れた人だと3時間で走り切るそうだ。
 私は初めてなので、ゆっくり観光しながら1泊2日で走るつもり。
DSC00574.JPG
 お好み焼きを食べにかなり遠回りをして来た。
 わざわざ往復12辧ww
DSC00585.JPG
 「大出たばこ店」という名前のお好み焼き屋さん。w
DSC00572.JPG
 讃岐うどんの「谷川米穀店」みたいで、本業よりも副業が当たったケースですね。w
IMG_7822.JPG
 お品書きを見るとワクワクしてくる。
DSC00577.JPG
 テイクアウトの電話がガンガンかかって来て、次から次へと焼いていました。
DSC00573.JPG
 隣のババ達もでかいの食べてる。
 この辺りでは、この大きさがデフォなのか。w
DSC00575.JPG
 「因島のお好み焼き」を「いんおこ」というらしい。w
DSC00576.JPG
 おかあさんに聞いたら、広島風なんだけどそばじゃなくてうどんが入るそうだ。#それだけかい!
IMG_7825.JPG
 じゃ〜ん!
DSC00581.JPG
 これはでかいわ。ww
 お腹いっぱい!
DSC00587.JPG
 来た道を本日第3の島「生口島」に渡る生口大橋に戻る。
DSC00588.JPG
 瀬戸内海といっても、この近辺は多島海ですぐ近くに島が連なる。
 潮も穏やかだ。
DSC00590.JPG
 因島は街があり、しまなみ海道沿いの島の中では栄えているらしい。
 そういえば「ポルノグラフィティ」の故郷でもあったな。
DSC00592.JPG
 なんと!素晴らしいものを見つけた。
DSC00593.JPG
 橋を渡る為に急坂を登らずに、渡し船で生口島に渡れるとな。ww
DSC00594.JPG
 ばあちゃんと船を待つ。
DSC00596.JPG
 向こうに見えるのが「生口大橋」だ。
 あれを登らなくてラッキーだ。w
DSC00599.JPG
 来ました渡し船。
 自転車は110円。w
DSC00601.JPG
 途中、瀬戸田の街で「たこめし」の文字が私を呼び止めた。
DSC00602.JPG
 この島の名物は、タコとアナゴだとか。
DSC00604.JPG
 では「タコ天」と。
IMG_7836.JPG
 「アナゴ丼」
 ついさっき大きなインオコを食ったばかりなので、そんなに感動はしなかった。w
DSC00608.JPG
 途中に、変な集団に遭遇。
DSC00611.JPG
 みかん売ってる。w
 人口が少ないってことだろうか?
DSC00612.JPG
 やっと本日最後の島「大三島」に渡る多田羅大橋の登り口まで来た。
DSC00616.JPG
 一面のレモン畑である。
DSC00617.JPG
 国産レモンの発祥の地か。。
DSC00620.JPG
 これを渡れば、本日の宿泊地に辿り着くわけやね。
DSC00628.JPG
 以前、この地をオートバイで走った時に「レモン谷」という地名を見て。
 一度ちゃんと見に来たかったのだ。
DSC00622.JPG
 本日の目的地2目である。
DSC00625.JPG
 ただ、残念だったのはレモンの収穫期でも花が咲く時期でも無かったこと。
 ついてないわ〜。w
DSC00633.JPG
 再び高度を上げて。
DSC00634.JPG
 この橋を渡れば、今夜の宿はすぐそこだ。
 お〜、大分疲れて来たぞ。

◇2016年6月しまなみ海道ツーリング・アーカイブ
posted by アサノ | 06:18 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3749
トラックバック
Search this site