経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< しまなみ海道(前編:尾道〜生口島) | TOP | しまなみ海道(後編:大三島〜今治) >>
しまなみ海道(中編:大三島でバーベキュー)
DSC00636.JPG
 6月06日(月)の15時頃、生口島から大三島に渡る。

 これが本日4つめの島である。
DSC00642.JPG
 多田羅大橋から下を見下ろすと、海流が狭い海峡でぶつかりあって渦を巻いている。
DSC00643.JPG
 こちら側が大三島。もう地理的には愛媛県今治市である。
DSC00651.JPG
 無事に本日の最終目的地大三島に到着。
 寄り道ばかりしたので、たぶん50kmぐらいだったのではないだろうか。
DSC00646.JPG
 橋を降りてすぐの「道の駅多々羅しまなみ公園」で休憩。
DSC00649.JPG
 農協の販売所なのか、都市部には出荷できないような器量の悪いw柑橘類を売っておった。
DSC00650.JPG
 さっきまでレモン谷を走ってきたので、ついつい買ってしまう。w
DSC00644.JPG
 うれしくなってポイポイかごに放り込んでレジに持って行ったら。
 果物900円と宅急便代1000円だった。ww

後日談:
 すごくさっぱりして、酸っぱ過ぎず爽やかでサラダやマリネ、蜂蜜と一緒に瓶詰して割って飲むとかとても重宝した。
 毎月1000円分見繕って送って欲しいぐらいだ。w
DSC00661.JPG
 道の駅から数分で、今夜の宿農家民宿「しまなみの小さな家」に到着。
DSC00652.JPG
 最近まで息子さんがいた部屋に通され。w
DSC00653.JPG
 もう、完全に親戚の家に泊まりに来た感じ。
 お部屋はこれだけで、まったく趣味でやっているのでお客さんは月に2〜3組とか。
 私一人で唯一の二間を占領してしまった。w
 おばちゃんが「イチゴシャーベット食べる?」というのでハイと返事をしたら。
 シャーベットもお茶も2人前あって、しっかりおしゃべりの相手と化す。ww
 面白いなと思ったのは、「B&Bに興味があって、今度イギリスに見に行く。」というのだ。
 それは、私が提唱する「老後は年金+5〜10万円ビジネスと生甲斐」のコンセプトに近くて大賛成。
 しまなみ海道は、サイクリング道路というコンテンツはあるのだが宿泊施設に魅力が無いのも事実。
 魅力のある「アグリツーリズモ」と結びついた、宿泊施設が出来れば、なにも全島制覇みたいな一昔前の「成長モデル」のような価値観では無い豊かな田舎体験が出来るのだと思う。
 ちなみに、ビックリしたのはこの旅で会った人は皆田舎田舎していない洗練された人が多かった。
 それも人的な資源としては大切だと思う。
IMG_7842.JPG
 座敷の窓からは、村上水軍の「甘崎城跡」が見える。
DSC00654.JPG
 夕方になって、この地に移住してきた徳見さんが車で迎えに来てくれた。
DSC00656.JPG
 車で島内を一周して貰った後に、ご自宅におじゃま。
 おお!やっとレモンがなっている木を見ることが出来た。
 この辺りでレモンの木は、奈良の柿の木みたいなものらしい。#どこにでも生えてるw
DSC00658.JPG
 なんと!自宅に飲み物のメニューが。w
 なんだ、この家は。
IMG_7843.JPG
 なんでも燻製にしてしまうおつまみとビール。
IMG_7844.JPG
 BBQスタート!
DSC00659.JPG
 新鮮なお魚のカルパッチョに地元産レモンをどっさり絞る贅沢。w
DSC00660.JPG
 80才を過ぎたおじいちゃんもワインを持って登場!
 素晴らしいおもてなしをして頂きました。
IMG_7846.JPG
 昨日からの体調不良(咳がひどい)もあって、早々においとまして。
 真っ暗闇の農道を帰って来たら。
 宿のおばちゃんが「家族と飲みませんか?」とお誘いを下さる。
 まるで、以前テレビでやっていった「田舎に泊まろう」みたいだ。
DSC00662.JPG
 咳の薬は持っていなかったので、海外旅行で時差ボケ対策に持っていた眠剤を投入して10時頃には就寝。
 ぐっすり眠って朝を迎える。
DSC00663.JPG
 朝ごはんまでの間、近所を散歩してみよう。
DSC00673.JPG
 梅雨の風物詩「あじさい」。まだ咲くなw
DSC00670.JPG
 草木に埋もれたバス停留所。
 ジブリの世界だ。w
DSC00664.JPG
 バスを待つ、近所の小学生と朝のごあいさつ。ww
DSC00665.JPG
 防波堤に向こう側に、村上水軍のお城跡がある。
DSC00666.JPG
 あの橋は、昨日越えてきた多田羅大橋だな。
DSC00667.JPG
 村上水軍の「甘崎城」は、年に数回干潮の時に歩いて渡れるそうである。
 それが昨日だったとか。
 疲れていたので気にしなかったが、実に残念なことをしたね。w
DSC00669.JPG
 日本の田舎の原風景である。
DSC00671.JPG
 このまま雨が霧雨状態ならいいな。
IMG_7847.JPG
 宿のご夫婦と一緒の朝ごはん。
 無口なおとうさんは、さっさとイチゴのハウスに出荷に行ってしまった。
 農家はハウスになってから、電気が点いたり朝採りで出荷するなど、夜明けから日暮れまでではなく、常に働かなくてはならなくなったとおっしゃっていた。
 テクノロジーの進化は、人を幸せにするのか?
IMG_7849.JPG
 野菜満タンの朝ごはん。
 美味しかった〜。

◇2016年6月しまなみ海道ツーリング・アーカイブ
04月05日:單車環島1號線(行きたい)
06月00日:ちょっと、しまなみ海道に行ってくるわ
06月05日:ONOMICHI U2(尾道)
06月06日:しまなみ海道(前編:尾道〜生口島)
06月06日:しまなみ海道(中編:大三島でバーベキュー)
06月07日:しまなみ海道(後編:大三島〜今治)
posted by アサノ | 06:21 | 旅好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3750
トラックバック
Search this site