経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< Xデザイン学校 #01 ブートキャンプ | TOP | 2016年春台湾南部の旅 4日目台南でカフェ巡り >>
UXシンポジウム2016 福岡に登壇して来ました

DSCF0382.JPG

 7月2日(土)、九州福岡郊外にある九州産業大学でUXシンポジウム2016が行われました。

 HCD-Netはこのシンポジウムの後援をしており、理事の浅野と教育事業部倉光(クックパッド)が基調講演として登壇することに。

 参加者は86名、

 内訳は エンジニア・プログラマ:13

 ディレクター:5

 デザイナー:19

 営業:3

 学生:18

 企画:9

 経営:6

 その他:8

 九州エリアでは今までに無いぐらいの参加者数だと思います。

 UX/HCDの波が押し寄せて来つつあるのでしょうか。スタッフを入れるとゆうに100人は超えてた。

IMG_8189.JPG

 最初に浅野が「サービスデザインのアプローチ」という話を1時間して。

 続いて倉光が「さがす、つくる、食べる - 毎日の料理のためのデザイン -」を45分。

 クックパッド初の九州登場ということもあって、大変な人気です。

 でも倉光は北九州出身。w

DSCF0397.JPG

 しばらく休憩した後で。 九州産業大学の森田 泰暢先生の指導で「ラーニングバー」がスタート!

 森田先生は、経営学にUXを持ち込んで教育をする気鋭の若手研究者である。

DSCF0417.JPG

 ラーニングバーは、東大の中原先生が提唱する、楽しく飲み食いしながら学びあう方法で。

 九州では初の試みではないか。

DSCF0416.JPG

 今回は、基調講演で話した私達二人の話題に関して、疑問や更に議論したい事を持ち寄って話します。

 お腹の空いた人はサンドイッチをほう張り、のどの渇いた人はドリンクやビールがあります。

 テーマを掲げたオーナーの元で、楽しく議論が進む。

DSCF0421.JPG

 そして各チーム毎に発表。

 我々二人が質疑応答に答えるというシチュエーション。

 今回分かったことは、セミナーで講演を聞いたオーディエンスは、満足して帰るものだと思っていたのだが。

 いやいや、皆さんそれぞれにモヤモヤを抱えており、ビシビシ聞いて来るということだ。

 隣の福岡大からも大挙して来ていた女子学生さんの突込みが鋭くてタジタジでした。W

 とても楽しく有意義なディスカッションだったと思います。

 ただ聴くだけのセミナーの数倍濃い時間でした。

DSCF0405.JPG

 今回のシンポジウムを完璧に支えてくれた森田ゼミの学生さん達。

 ワークショップの運営は、学生を急激に成長させるというが、半年前に会った時より明らかにしっかりしてきた。

 いいな〜、若者は成長が目に見えるほど早くて。w

 

◇関連ブログ

UX シンポジウム2016 福岡にスタッフとして参加した件(スタッフの花田さん)

posted by アサノ | 06:22 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3763
トラックバック
Search this site