経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 某IT企業 短期研修(6日間) | TOP | 2016年 祇園祭 >>
HCD-Net関西 実務者向けインタビュー講座

DSCF0445.JPG

 7月15日(金)、大阪「THE DECK(デッキ)」。

DSCF0444.JPG

 ここは初めて来た。

 大阪の企業が共同出資して運営しているコワーキングスペースで、セミナー開催も可なのだと。

DSCF0454.JPG

 HCD-Net関西支部の小林さんのオープニング。

DSCF0459.JPG

 セミナー講師は、インタビューの専門家奥泉直子さんによる「実務者向けインタビュー講座」だ。

DSCF0473.JPG

 私は企画と奥泉さんのアテンドでHCD-Net理事として参加。

DSCF0479.JPG

 関西支部のセミナーは女性の参加が多いのが特徴。w

DSCF0492.JPG

 とはいえ、皆さん最前線の実務者ぞろい。

DSCF0465.JPG

 奥泉さんの歯切れの良い講義が続く。

 彼女は、ここ最近私が最も注目しているセミナー講師のひとり。

 講師に最も大切な、dignityと臆病さを持っている。

DSCF0477.JPG

 立っているのはHCD-Net関西支部長の水本氏。

 ここのところ、毎週のようにセミナーを連発している。

DSCF0478.JPG

 私も経験があるが、インタビューの講座は難しい。

DSCF0481.JPG

 インタビューの能力は、殆どインタビュアーのヒューマンスキルに依存するからだ。

 やり方を教えるのがとても難しい。

DSCF0490.JPG

 教え方としては、良質なアウトプットを示して、そこに至る為にはどうするかというのが良い。

 いわゆる「ミドルスタート・ラーニング」の考え方だ。

DSCF0496.JPG

 そうすれば、受講者は講習後も自発的に成長を続けることが出来るからだ。

 良質なアウトプット=ベストプラクティスを作ることが出来る講師は少ない。

 その為には知識・技術だけあってもダメで、「これで本当に良いのだろうか?」と思いながら教材を作成する能力が必要なのだ。

DSCF0504.JPG

 最後は発表して貰う。

 この発表と講評が充実している方が良い。

DSCF0512.JPG

 最後は質疑応答でシメ。

 これは良くない。w

DSCF0513.JPG

 なぜなら、大抵の質問は質問者個人の興味に埋め込まれていて、殆ど他の受講者の時間を使うにはもったいないことが多い。

 講座終了後に個人的に聞きに来て貰う方が、他の受講者の時間を無駄にしなくて良い。

 質疑応答を盛り込む講師は、それがサービスだと思っているセミナー全体をマネジメント出来ない人が多い。

 ちなみに情報デザインフォーラムは、質疑応答禁止にして後は懇親会でということにしている。

DSCF0518.JPG

 終了後は、ビール好きの奥泉さんの為にクラフトビールで乾杯!

 たまには、他の方の講義をじっくり聴くのは良いものだ。

 お疲れさまでした。

 

posted by アサノ | 06:21 | HCD-Net活動 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3772
トラックバック
Search this site