経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< Xデザイン学校 2017年度受講生 募集説明会 | TOP | 2016年春台湾南部の旅 7日目恐怖の南部横貫公路 >>
2016年春台湾南部の旅 7日目池上飯包を食べに雨の中を行く

P1020793.JPG

 3月16日(水)7日目の朝。

P1020797.JPG

 台東の住宅街にある宿から、そっと静かにスクーターを引張り出す。

P1020800.JPG

 朝食は、宿で貰ったチケットの使えるカフェで。

P1020799.JPG

 毎日台湾めしなので、朝はコーヒーで。

 奥にいる子たちは、昨夜1階に泊まっていた子みたい。

 外に置いてあった靴と同じものを履いてるので。ww

P1020801.JPG

 スクーターや自転車専用道路。

P1020805.JPG

 雨がそぼ降る国道9号線を北上する。

 2010年に、台東から花蓮までの海岸線約170kmを花東公路(海線)をバスで通ったことがあったので、今回は通ったことの無い花東公路(山線)を選んでみた。

 ちなみに汽車が走っているのは山線側ね。海線の公共移動手段は日に3〜4本のバスのみ。

 午前中の目的地は池上郷の台鐵便當の聖地「池上飯包文化故事館」だ。w

P1020806.JPG

 途中ガソリンを補給。

 寒くて、指がかじかむ。。

P1020809.JPG

 池上郷に入ると、一面の水耕地帯が広がる。

P1020814.JPG

 やっと到着。

P1020815.JPG

 カッパを持ってきていないので、かなり辛かった。w

P1020817.JPG

 「池上郷(ちじょうきょう)」は台東県北部に位置し、北は花蓮県と接する花東縱谷(かとうじゅうこく)に属する平坦な地形となっており、特産の池上米は台湾最高の品質として有名である。

 住民は原住民であるアミ族が多くを占める。

P1020819.JPG

 池上米は台湾のコシヒカリとも言われて、日本統治時代には天皇も食していたそうだ。

 お米がおいしいことから、そのお米で作られた「池上弁当」も有名。

P1020820.JPG

 さて、お目当ての池上飯包を食べようかの。w

P1020821.JPG

 お弁当の歴史は日本統治時代にさかのぼり、花蓮〜台東間の列車に乗った乗客は、池上駅で必ずホームで販売している駅弁を買ったとのこと。

P1020824.JPG

 鉄路弁当は真ん中にドーンとのっかっているブタ肉が圧巻。

P1020825.JPG

 寒かったので、勝手に鍋から注げるスープを何杯もお代わりしちゃった。

P1020826.JPG

 さて、この雨の中を花蓮まで行くか、台東まで戻るか。考える。。

P1020829.JPG

 やけくそになり、自分の運を信じて風の強い海岸線の花東公路(海線)に向かわずに、山線からも離れて山の中に向かう。

 この時点で、かなり危ない選択だ。w

 


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:17 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3790
トラックバック
Search this site