経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2016年春台湾南部の旅 6日目台湾南部の秘境牡丹社へ | TOP | HCD-Net関西フォーラム 2016に登壇しました >>
病院でインタビューの話で盛り上がる

IMG_8656.JPG

 8月30日(火)、芝大門の病院に1か月間漢方薬を飲んだ報告に病院に行ってきた。

 報告と薬を継続することは決まって、あとは不眠の相談。

 こちらも良い(副作用の少ない)を処方して頂きました。(後日談:その夜飲んだらビックリするぐらいコロリと熟眠したw)

 

 診察はそこまでで、雑談で「先生のところに来ることにしたのは、問診が上手いからです。」という話からインタビュー談義に花が咲いて。

 お互いの職業的なインタビュー法の話になったのだが。

 面白い話をされていて「以前に外国人に、日本人の質問の仕方は民族性よりも出身大学で違うと言われた。」という。

 これは私も感じていたし、以前誰かも話していた。w

 東大の人は構造から入るが、早慶の人は手順から入る。
 構造から入る場合は万人に理解し易いが、手順はある一部の人の文脈に一致すると爆発的に効果があるがはまらないと全然ダメ。ww
 で、先生はインタビューの途中で、それが入れ替わると言われたそうだ。
 本人は意識していなかったらしいが、とても良い聴き方だと思う。

IMG_8666.JPG

 早く終わったので、いつもは満員の「味芳斎」でランチ。

IMG_8658.JPG

 名物の「重慶牛肉飯(通称:牛どん」、ひぃ〜辛い。

IMG_8677.JPG

 仕事の後、渋谷に移動。

 裏原宿の方。

IMG_8681.JPG

 古〜いビルの会議室で理事会。

IMG_8684.JPG

 終了後は、山崎先生と「ヘイメル・ミヤマス」で一杯飲みながらXデザイン学校の今後について意見交換。

 病院には通っているが、まあ元気なのでしょう。

 食生活は悪そうだね。w

 

◇病院好きアーカイブ

2016年08月:病院でインタビューの話で盛り上がる

2016年08月:5軒目にして名医に辿り着く

2015年01月:再びピロリ菌の駆除

2014年12月:年末に胃カメラを飲む

2014年11月:経過観察の続き

2014年11月:経過観察の続き

2014年09月:久々の経過観察

2014年03月:病理組織検査結果説明

2104年02月:前立腺肥大腺腫剥離手術

2014年02月:手術前説明

2014年02月:手術前検査2

2014年01月:手術前検査1

2013年11月:前立腺癌の判定

2013年11月:病理組織検査結果

2013年10月:腹腔鏡下胆嚢摘出術

2013年10月:南大沢の名医の元へ

2013年09月:大腸内視鏡検査の結果説明と麻酔コンサルト外来

2013年09月:大腸内視鏡検査

2013年08月:更に精密検査に行く(胆のう専門外来)

2013年08月:人間ドック2013

2013年07月:腹部のMRIを受けてきた2013

2013年05月:脳のMRIを受けてきた2013

2013年01月:生検結果とピロリ菌退治

2013年01月:胃の内視鏡検査を受けてきた

2012年11月:区の胃がん検診を受ける

2012年09月:脳のMRIを受けてきた

2012年03月:生体検査の結果を聞きに行く

2012年03月:生体検査(日帰り手術)

2012年03月:耳鼻科再診

2012年03月:耳鼻咽喉科に行く

2012年02月:検査結果を聞く

2012年02月:精密検査

2011年12月:人間ドック

2011年08月:生体検査

2011年07月:精密検査
2011年03月:脳のMRI
 

posted by アサノ | 06:25 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3805
トラックバック
Search this site