経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< MTRL KYOTOでビジネスインタビュー | TOP | 2016年11月のイベント(アサノの記録) >>
UX JAPAN FORUM 2016 in OSAKAに登壇してきました

01.jpg

 10月08日(土)、大阪梅田の常翔学園大阪センターにてUX JAPAN FORUM 2016 in OSAKA開催。

 僭越ながら、私のオープニングで始まる。w

 大抵のUX系の話題は、どうやったら会社に広められるのかとか、クライアントに説明して工数を認めて貰うにはどうするのかみたいな議論が多いが。

 今回は、日本のUXコミュニティーの総本山として「効率や便利ではなく、幸せになるには」という議論がしたかった。

P1040878.JPG

 今回のテーマは「社会の幸せのために、デザインができることは?」。

 キーノート1は、「幸せな社会を共に創るアクション・リサーチ(実践的協働研究)」の関西大学草郷孝好先生。

P1040887.JPG

 キーノート2は、情報デザインフォーラムでもお馴染み「オープンイノベーションとデザイン 」富士フイルム株式会社 Open Innovation Hub 館長小島 健嗣氏。

14494756_1189905954400395_7086165609305198727_n.jpg

 続いてパネルディスカッションで、私がファシリテーターを務める。

 アクションリサーチの為に村落に入り込んで住民主体の地域創造を目指す草郷先生と、一度はフィルムと言う基幹商品が無くなってしまった企業の中で再生を賭けて共創による新規事業創出を産みだし続ける小島氏。
 実はイシューは「どうやって参加者全員が協働・共創するのか?」で、対象とする研究分野や手法が違うだけで目指すものは同じだったということが分かる。
 デザインとはモノを作ることでは無く、仕組みを創ることなのだ。

P1040895.JPG

 後半LTは各地方のUXコミュニティーの代表者が、事例を交えて発表。

 UX広島の薬師神さん。

P1040896.JPG

 定員120名が満員でした。

P1040897.JPG

 参加者はメーカー・Webや大学の先生など多種多様。

P1040899.JPG

 結構知っている顔が多く、久しぶりに会う方も多く嬉しかった。

P1040900.JPG

 本当に地道な活動を続けているUX福岡の吉川さん。

P1040901.JPG

 いつも貴重な事例を教えて下さるUX名古屋の平野さん。

P1040906.JPG

 日本全国を飛び回っている坂本さん。

P1040907.JPG

 おしゃれな会場で懇親会。

P1040909.JPG

 真中の女性が、今回主催して下さったUX関西の徳見さん。

 スタッフの皆さん完璧な運営で素晴らしいFORUMになりました。

P1040912.JPG

 草郷先生の音頭で乾杯!

P1040913.JPG

 凄く沢山の方とお話が出来ました。

 若い大学の先生方も様々な分野からいらして、他の参加者と沢山議論して。

 これぞ従来の文理融合(インターデイシプリン)から、専門家と市民社会が恊働(きょうどう)した文理社会恊働(トランスデイシプリン)による総合知に他ならない。

 とても勉強になったFORUMだった。良かった!

 

◇関連ブログ

UX Japan Forum 2016 in Osaka #uxjapan(togetter)

UX Japan Forum 2016に行って梅田迷った(花田さん)

UX JAPAN FORUM in KANSAIでの確信。(すみれパパ)

 

◇UX JAPAN Forum アーカイブ
posted by アサノ | 06:18 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3823
トラックバック
Search this site