経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< UXデザイン講座 応用編 #17 ビジネスインタビュー(ビジネスモデル) | TOP | 秋の近江八幡 >>
関西へ弾丸出張

IMG_9195.JPG

 10月19日(水)、夕方より京都に移動。

IMG_9196.JPG

 新しく京都駅八条口側に出来た、ワコールさんの「スタディーホール京都」に来た。

 以前あったオープニングパーティーに出れなかったら、ワコールの川勝さんが案内して下さるという。

IMG_9197.JPG

 出来れば来年の情報デザインフォーラムin京都をここでやりたいな。

IMG_9216.JPG

 翌日、10月20日(木)は大阪に移動して堺筋本町の「THE DECK」。

IMG_9217.JPG

 「KITchen on THE DECK “食”から学ぶイノベーションの創り方」に参加しに来た。

IMG_9218.JPG

 パネリストが関西を代表する家電メーカーの方々。

 ・株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 佐野泰介氏

 ・パナソニック株式会社 アプライアンス社 大野敦子氏

 ・シャープ株式会社  UXデザインスタジオ部長佐藤啓一郎氏
 ・オムロンヘルスケア株式会社 小池禎氏

 ・株式会社KOMPEITO 執行役員CSO澤野啓次郎氏

 結果として、どこのメーカーの方もキッチン単体の効率化で考えていて。

 レイヤーを上げて料理を「文化」で考えない、事業部単位のサイロエフェクトが透けて見え過ぎ。

 その分を掃除や洗濯と言った文化的な行為と比較的関係無い部分を効率化して、料理という家族で伝承すべき文化に、スペースや時間をたっぷりかけて無駄を沢山することが必要なのだという哲学が無かった。

 フィリップスだけが少し分かっていた印象。

 

◇サイロエフェクトとは:事業部ごとがタコツボになって、全社的なサービスとしてのメタ的な認知が出来ないこと。

IMG_9223.JPG

 懇親会に参加。

IMG_9227.JPG

 大阪の人は声が大きい。w

 

posted by アサノ | 06:16 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3829
トラックバック
Search this site