経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< MTRL KYOTOでペーパープロトタイピング | TOP | 河原町で野菜飲み(五十棲) >>
冬枯れの大原で野菜を食べる

P1060714.JPG

 11月28日(月)、既に紅葉が終わって冬枯れした大原へ。 

P1060717.JPG

 いかにも京都の郊外らしい雰囲気だ。

P1060720.JPG

 なぜか大原で沢山見かける「飛び出しボウヤ」。w

P1060721.JPG

 今日はここに来た「わっぱ堂」。

 ご夫婦で畑を耕しお米を作り、それを食べさせて下さるお店に行って来た。

P1060722.JPG

 まったく普通の民家。w

P1060723.JPG

 それがかえって美味しそうな予感。。

 わっぱ堂

 〒601-1248

 京都市左京区大原草生町102

 ギャラリー草庵内

 電話 : 075-744-3212 

P1060724.JPG

 薪があるということは、「おくどさん」とかがあるのか?

P1060726.JPG

 中に入ったら、ああ!凄い!!

P1060728.JPG

 なにげなく置いてある野菜も美味しそう。

P1060729.JPG

 奥には座敷があるが、このカウンターにしてもらった。

P1060730.JPG

 う〜ん、ワクワクするぞ。

P1060732.JPG

 最初は小鉢。

P1060736.JPG

 グラタン

P1060737.JPG

 サラダ

P1060741.JPG

 ピザ

 全て野菜だ。

P1060742.JPG

 「黒大根」とのこと。中は白い

P1060745.JPG

 鴨と黒大根、むかご。

P1060749.JPG

 最後は土鍋ごはん。

P1060751.JPG

 みそ汁と漬物。

P1060754.JPG

 カウンター席で食後コーヒーを飲みながら、ご主人のお話(農業のこと、お店のこと、大原のこと)をじっくり聴くことが出来た。

P1060757.JPG

 ちなみに大原は、私が初めて行き始めた2008年頃から、他の地域から移って来た若い方々が野菜を作って道の駅で売る活動が始 まって、それに触発された地元のお年寄りが加工食品を出すなどの地域の活性化が行われている。 

P1060758.JPG

 多品種少量生産の畑。

P1060759.JPG

 日本の原風景。

 

P1060760.JPG

 今では、朝市に京都市内の割烹料理屋さんなどが仕入れのため行列を作るそうだ。

P1060763.JPG

 企業もだが、活性化には外部の若い新しい血が必要だね。

 野菜好きの私には、極楽のひと時でした。w

 

◇京都飲み歩きアーカイブ
・2016年11月:わっぱ堂(大原)
・2016年08月:Cafe mole(御所南)
・2016年08月:井倉木材(丸太町)
・2016年02月:京都の夜(壱)
・2015年06月:左京区飲み
・2015年06月:丸太町飲み
・2015年04月:大阪と京都の夜
・2015年04月:閻魔堂(四条烏丸)
・2015年04月:MACHIYA兪
・2014年09月:HCD-Netナイト
・2014年09月:BAR K6(京都市役所)
posted by アサノ | 07:10 | アサノ家関西移住計画 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3844
トラックバック
Search this site