経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< 2016年春台湾南部の旅 7日目旗山の夜 | TOP | 2016年度 産業技術大学院大学「人間中心デザイン」履修証明プログラム UXデザイン総合演習#03アクティングアウト >>
2016年春台湾南部の旅 8日目旗山はバロック建築の街

P1020970.JPG

 3月17日(木)の朝。

 おはようございます

P1020974.JPG

 昨夜見つけた朝めしやで朝ごはん。(夜もやってたw)

P1020975.JPG

 旗山はフルーツの街だ。

P1020976.JPG

 檳榔屋は朝からやってる。

P1020977.JPG

 コインランドリーがあったので、雨に濡れた服を放り込んで街を散歩。

 台湾のコインランドリーは、全自動じゃなくて洗濯と乾燥機が別なので、途中で入替に来なければならない。

P1020984.JPG

 この辺りが旗山老街の起点か?

P1020982.JPG

 「旗山車站」は、もう廃線になっちゃったけど、昔は旗山と高雄を結ぶ軽便鉄道が走っていたそうだ。

 昔はそのくらいに、ここにサトウキビやバナナなどのフルーツが集積されていたのだ。

P1020986.JPG

 現在位置

 この通りが「旗山老街」になる。

P1020987.JPG

 屋台にも「大同電鍋」。

P1020989.JPG

 旗山の街はバロック式の建物が有名だ。

P1020990.JPG

 製糖業や果物で稼いだ商人が争って建てたのだろうか。

P1020991.JPG

 藤森照信先生建築用語でいえば「看板建築」。

P1020993.JPG

 表側はバロック調だけど、後ろ側は中華風住宅だ。

P1020994.JPG

 餃子屋さん。

P1020995.JPG

 朝は通り沿いに露店が並ぶ。

P1020997.JPG

 おはようございます

P1020999.JPG

 ビニール紐で編んだ、市場の荷物かご。

 ベトナムのチョロンの市場でも見たな。w

P1030003.JPG

 1階は商売してるのに、2階は廃屋みたいになってる建物もある。

P1030004.JPG

 ここは手入れが行き届いてる。

P1030005.JPG

 儲かってる商店かも。w

P1030006.JPG

 この辺りで老街終了。

P1030007.JPG

 「高雄縣旗山鎮農會

P1030013.JPG

 恒春は玉ねぎの産地なんだ。

P1030014.JPG

 老人は何を思うのか?

P1030015.JPG

 天后宮にやって来た。

P1030017.JPG

 台湾の街には必ず廟がある。

 信心深い街はいい所だ。

P1030016.JPG

 さあ、そろそろコインランドリー乾いたかな。

P1030022.JPG

 これから2時間も走れば、高雄に着くだろう。

P1030024.JPG

 百里の道も九十九里をもって半ばとす。

P1030025.JPG

 さあ!あとひとっ走りだ。


◇2016年03月台湾南部の旅アーカイブ

3月09日(水):【事前準備】持って行くカメラ
3月10日(木):1日目本日より台湾に行ってきます
3月10日(木):1日目台北到着 
3月11日(金):2日目剥皮寮歴史街区
3月11日(金):2日目市場好き(台北東三水街市場と直興市場)
3月11日(金):2日目台北を路上観察
3月12日(土):3日目台南に移動
3月12日(土):3日目台南で宿探し
3月12日(土):3日目いきなり大騒ぎ
3月13日(日):4日目台南でカフェ巡り
3月13日(日):4日目安平を歩く
3月13日(日):4日目やっと宿が決まった
3月13日(日):4日目今夜の台南めし

3月14日(月):5日目高雄に向かう
3月14日(月):5日目スクーターをレンタルして恒春へ
3月14日(月):5日目恒春で泊まる

3月15日(火):6日目台湾の最南端墾丁に行く

3月15日(火):6日目台湾南部の秘境牡丹社へ

3月15日(火):6日目やっと台東に到着

3月15日(火):6日目台東の夜

3月16日(水):7日目池上飯包を食べに雨の中を行く
3月16日(水):7日目恐怖の南部横貫公路
3月16日(水):7日目長躯旗山へ向かう
3月16日(水):7日目旗山の夜
3月17日(木):8日目旗山はバロック建築の街
3月17日(木):8日目旗山から高雄・台南へ
3月17日(木):8日目台南に戻って来たよ
3月17日(木):8日目台南で一人打ち上げ
3月24日(木):【速報】無事に帰ってきました
 
posted by アサノ | 07:17 | 2016年春 台湾南部 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3863
トラックバック
Search this site