経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< UXデザイン講座(後期応用編)#28 ストーリーボーディング  | TOP | UX 関西 #10 サービスサファリとオズの魔法使い >>
よいサービス・製品のための、UXデザインの考え方に登壇しました

IMG_0236.JPG

 2月10日(金)の夕方。

 グランフロント大阪の中にある岡村製作所さんのセミナールームで開かれた講演会に登壇しました。
 よいサービス・製品のための、UXデザインの考え方:http://uxkansai.tumblr.com/post/155374444042/seminar20170210

IMG_0239.JPG

 講演者は、私とクックパッドの倉光さん

 ある意味、長年の相棒である。w

01.jpg

 今回の特徴は、キーノートの講演を聴いて参加者が議論する「ラーニングバー」をやること。

 ラーニングバーをやってみた(五反田トレタ):http://asanoken.jugem.jp/?eid=3726

IMG_0242.JPG

 参加者から集まった「議論したいこと」のポストイットをグルーピングして。

 グループ毎にオーナーを決めて、ブレストするメンバーを募る。

 ここは恥ずかしがらない大阪ノリで。ww

IMG_0251.JPG

 会場の各地でブレストが始まった。

IMG_0252.JPG

 約50名の参加者が7チームに分かれて意見交換。

 やはり1チーム6〜7名ぐらいが、なにも意見を言わない人が出ないギリギリの人数だろう。

 チームのオーナーも、ファシリテーションに慣れている人と慣れていない人がいるしね。

IMG_0254.JPG

 話疲れたら、コーヒーブレィク。

 そういうフランクな雰囲気がラーニングバーの良い所。

IMG_0255.JPG

 UX KANSAIで1年間勉強してたメンバーは、各チームでブレストの核になっていた。

 成長を感じるな〜。w

IMG_0241.JPG

 後日のために記録として残しておく。

 ラーニングバーで出すコーヒーや軽食だが。

IMG_0248.JPG

 お腹がいっぱいになったり、食べ続けるほどは必要が無い。

 話疲れた時に、軽くつまむ程度。
 一人当たり500円もあればビールも酔わない程度には買える。w
 ビアバッシュの懇親会で宅配ピザを食べるより、知的だし安あがりだ。

IMG_0247.JPG

 食べ物はブレストしているテーブルには置かず、別テーブルに置いて食べに行く方が良い。

 ブレストするテーブルにはポストイットが貼れるようにね。

IMG_0257.JPG

 最後は各チームのプレゼン。

IMG_0259.JPG

 だいたいどこのラーニングバーでの質問というか結論は「上司やクライアントにいかにしてUX導入を認めさせるか?」とか「調査が上手くなるには?」みたいなものが多い。

 そういうプレゼンにマジでコメントしてしてしまい、ドン引きされたかも。。

 私もまだまだ」だと思った。ww

 

◇参加者小田さんのブログ:UX KANSAI「よいサービス・製品のための、UXデザインの考え方」

◇参加者貝増先生のブログ:UX Kansai「よいサービス・製品のための、UXデザインの考え方」、ラーニングバー & UX Kansai セミナー

posted by アサノ | 07:23 | セミナー・ワークショップ関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3884
トラックバック
Search this site