経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< よいサービス・製品のための、UXデザインの考え方に登壇しました | TOP | ロボットとインテリジェンスとUXデザイン >>
UX 関西 #10 サービスサファリとオズの魔法使い

IMG_0267.JPG

 2月11日(土)、昨日は「よいサービス・製品のための、UXデザインの考え方」があったばかり。

IMG_0269.JPG

 1年間で全10回の講座が今回で終わる。

 最終回の前半は、作ったプロトタイプを持って街に出る「サービスサファリ」だ。

IMG_0271.JPG

 自分たちが想定した利用シーンを、プロトタイプを実環境でシミュレーションする。

IMG_0275.JPG

 エスノグラフィックなシャドーイングと違って、時々立ち止まってブレストも可である。

 開発者が制作物をラフに評価をするのに向いている技術だ。

IMG_0278.JPG

 帰ってきたら、ユーザーの体験シナリオやインタフェースの修正を行う。

 思っていたよりも問題がボロボロ出るはずである。

 デザイナーは常にPCの前でなく実環境での評価を行う習慣をつけねばならない。

 登山靴のデザイナーが、自分で履いて山を歩かなくてはならないのと同じ訳やね。w

IMG_0279.JPG

 問題個所はワイヤーを描き直して。

IMG_0281.JPG

 遷移図で再確認。

IMG_0285.JPG

 最後にオズの魔法使いでプレゼンテーション。
 調査からのインサイトをしっかり活かしたアイディアになっているかがポイントだね。
16708333_1270246633054282_3629177839423994292_n.jpg
 最後は全10回皆勤者に終了証を渡して、1年間の講座はおしまい。
 スタッフの皆さん、お疲れさまでした。

 

◇運営宮島さんのブログ:http://pureplus.hatenablog.com/entry/2017/02/17/002237

◇UX 関西 2016 アーカイブ
05月14日:第01回ブートキャンプ(ヤフー大阪)
11月12日:第07回アクティングアウト(ヤフー大阪)
posted by アサノ | 07:21 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3885
トラックバック
Search this site