経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 洛北散歩 | TOP | 2016年夏北ヨーロッパの旅 05日目デザインの首都アイントフォーフェンへ行って来た >>
Xデザイン学校 ベーシックコース 第2回 ビジネスインタビュー

IMG_1081.JPG

 6月17日(土)、ベーシックコースの2回目。

IMG_1079.JPG

 本日は、企業さんからテーマを頂く日である。

IMG_1082.JPG

 ビジネスインタビューは、まず企業のブランドを定義する為にある。

 どのように社会に貢献し、誰を幸せにするかをきちんと分かった上でユーザーの調査に入るのだ。

IMG_1083.JPG

 インタビュー結果をビジネスモデル・キャンバスに記述する。

 受講者は意外とこれをやったことの無い人が多かったが、何とかチャレンジして貰う。

IMG_1086.JPG

 テーマオーナーの企業さんたち。

 メーカーとIT系の2社さんからテーマを頂いた。

IMG_1087.JPG

 先ほどのインタビューで現状(As-Is)を聴いて描き、続いて自分たちで3年後(To-Be)を描き出す。

IMG_1089.JPG

 人間のスピードには3種類ある。

 1)フィジカルなスピード:人の3倍畑を耕す百姓はいない。

 2)思考のスピード:案件が出てから考えたり資料を集めたのでは遅い。常日頃から情報をインプットし続けよう。

 3)決断のスピード:「考えておく」と言って1週間放置する人間と、その場で電話やメッセで確認を取って決断を下す人間では。10,080分:5分の差がある。

 更に1週間寝かせる奴は、そういうものを何件も抱えていて、充分に考えていない。仕事の手離れの良い人間は常に1点に全力で取り組むので判断の質が高い。

IMG_1091.JPG

 未来が描けないというのは、日頃の情報収集が疎かであるからだ。

 学ぶと言うことは「自分に何が足りないか知ること」なのだ。

 息は吐けば、自然と肺に流れ込んでくる。

 何が足りないかを知れば、おのずと知識や情報は入って来るものだ。

 次回からは奥泉さんのユーザー調査が始まる。

 

◇Xデザイン学校 2017年度 ベーシックコース アーカイブ

05月20日(土):第1回 ブートキャンプ

06月17日(土):第2回 ビジネスインタビュー

07月15日(土):第3回 調査計画

posted by アサノ | 07:22 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3946
トラックバック
Search this site