経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2017年6月台湾SDWS 2日目PM Meetup | TOP | 2017年07月のイベント(アサノの記録) >>
2017年6月台湾SDWS 3日目 分析と発表

P1010574.JPG

 06月25日(日)の朝。

 昨日まとめたパターンを発表。

P1010567.JPG

 日本人と台湾人の差異の克服よりも、困りごとの改善みたいな捉え方をするとNGだ。

P1010579.JPG

 そこで緊急に山崎先生がアドバイス。

P1010597.JPG

 やはり日本語よりも中国語の方が、同じ内容でも語彙数が多いのか。

 周さんの通訳が長い。ww

P1010612.JPG

 続いてそのパターンを使ってサービスデザインを考える。

P1010610.JPG

 今回のワークショップでは、日本と台湾の思考方法の交換というテーマもあったので、とても良い。

P1010617.JPG

 立っているブルーのシャツのメガネをかけた女の子がグラフィックレコーディングしてくれた子。

P1010618.JPG

 唯一の大学生ひーはーも頑張ってます。(左端)

P1010626.JPG

 2日目ともなると、息は合ったもの。w

P1010629.JPG

 グラレコがどんどん出来てくる。

P1010631.JPG

 各チームの話をよく聞いている。

 ひーはーも日本ではトップクラスのグラフィックレコーダーだが、びっくりしていた。

 日本のグラレコとの違いは、情報構造が意識されていない事だろうか。

P1010613.JPG

 ランチタイム!

P1010640.JPG

 台湾のお弁当は美味い。

 何でだろってぐらい美味い。ww

P1010642.JPG

 最後はパターンを応用したサービスデザイン。

P1010646.JPG

 パーターンは、現場の観察から得た事象を概念化して、「他の状況でも使えるようにする」ことだ。

P1010652.JPG

 この概念化が出来ているチームと、事象の問題改善になって他に転用出来なくなっているチームとに分かれる。

P1010657.JPG

 これはなかなか習得が難しいことであるが、デザインでもアートでも文学でも演劇でも、人の文化的な所作なのだ。

P1010658.JPG

 皆は、そのことが分かったのだろうか?

P1010660.JPG

 夕方の飛行機で帰る山崎先生は、大急ぎで講評。w

19437516_10211068731248214_1195261079804776215_n.jpg

 私は何とかお役目終了で一安心。w

 次は台湾チームが日本に来る東京ステージが12月8日(土)〜9日(日)で行われます。

P1010665.JPG

 最後に記念の恒例Xのポーズ!w

P1010666.JPG

 また東京で会いましょう!

IMG_0568.JPG

 再見!!

 

◇2017年6月台湾サービスデザインワークショップ・アーカイブ

03月30日(木):準備編 6月に台北でワークショップを行います

06月11日(日):番外編 フィールドワーク・トレーニング(日本)

06月23日(金):1日目 打合せ

06月24日(土):2日目AM フィールドワーク

06月24日(土):2日目PM Meetup

06月25日(日):3日目 分析と発表

06月25日(日):3日目 松山文創園區と打ち上げ

06月26日(月):4日目 自由行動日(平渓線と十份) 

06月27日(火):5日目 台北の朝(永康街)

 

posted by アサノ | 07:19 | 2017年6月台湾SDWS | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3958
トラックバック
Search this site