経験デザインと食のエスノグラフィーを語る私的なブログ
<< 2017年6月台湾SDWS 3日目 松山文創園區と打ち上げ | TOP |
2017年6月台湾SDWS 4日目 自由行動日(平渓線と十份)

P1010731.JPG

 06月26日(月)は、自由行動日。

P1010722.JPG

 本日帰国したメンバーもいたが、私はもう1泊する予定でしたので。

P1010721.JPG

 やはり、本日も泊まる予定の春原さんと一度も来たことの無かった「平渓線」にやって来た。

 九份に行くときに降りる「瑞芳」の駅で乗り換える。

P1010739.JPG

 ジャングルクルーズのような単線で、終点に近い「平渓」の駅まで来た。

P1010743.JPG

 車両が行ってしまえば1時間は走るものは無いので、線路は公園化する。w

P1010746.JPG

 何をやっているのかと思ったら、熱気球を上げていた。

P1010748.JPG

 侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の1996年の作品、映画「憂鬱な楽園 (原題:南國再見、南國)」を思い出す風景である。

 「憂鬱な楽園 ロケ地」巡りという分野?があるそうな。w

P1010749.JPG

 平渓老街を歩いてみた。

P1010753.JPG

 あっという間に街は終わり。

 九份のような賑わいは無い。w

P1010756.JPG

 むしろ、のんびりとした台湾の地方風景である。

P1010759.JPG

 3月にスクーターで台湾一周した時に見た景色そのままだった。

 なんだか、心が和むな〜。

P1010762.JPG

 「平渓」から元来た線路を戻る。

P1010767.JPG

 ここは「十份」。

P1010772.JPG

 どうも、一番の観光地らしい。

P1010776.JPG

 ここでも熱気球が沢山飛んでいる。

P1010777.JPG

 これって、落ちた後に山火事とかならないのだろうか?

P1010778.JPG

 この線路に人人人。ww

P1010782.JPG

 以前バンコクで見た、汽車が来ると店を畳む線路生活者みたいだ。

P1010783.JPG

 台北から若者が遊びに来るのに適度な距離なのかもしれない。

P1010785.JPG

 十份老街を歩いてみたが、普通の田舎町だ。

P1010786.JPG

 もう疲れちゃって、満員の電車で帰る気が失せて。

 タクシーを拾って台北に戻る。

IMG_0587.JPG

 最後は、台湾式の火鍋でお疲れさま。

 明日は帰国だ。

 

◇2017年6月台湾サービスデザインワークショップ・アーカイブ

03月30日(木):準備編 6月に台北でワークショップを行います

06月11日(日):番外編 フィールドワーク・トレーニング(日本)

06月23日(金):1日目 打合せ

06月24日(土):2日目AM フィールドワーク

06月24日(土):2日目PM Meetup

06月25日(日):3日目 分析と発表

06月25日(日):3日目 松山文創園區と打ち上げ

06月26日(月):4日目 自由行動日(平渓線と十份) 

06月27日(火):5日目 台北の朝(永康街)

 

posted by アサノ | 07:24 | 2017年6月台湾SDWS | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3970
トラックバック
Search this site