経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2017年夏 台湾親子旅行4日目 台北に移動 | TOP | 某社で新人研修 >>
2017年夏 台湾親子旅行4日目 ダイアンと萬華をフィールドワーク

P1020498.JPG

 08月13日(日)の夕方。

 ホテルに荷物を置いて、MRT龍山寺にやってきた。

P1020501.JPG

 お目当ては、「BUSINESS MODELS INC.」のダイアンと会うためだ。

P1020502.JPG

 6月に来た時には飲みに行く約束をしていたのに会えず、再度誘って本日会うことに。

P1020503.JPG

 今日はダイアンが、萬華(モンガ)をフィールドワークしようというのだ。

P1020504.JPG

 萬華は、台北で一番先に開けた土地で。

 淡水河の水運を使って材木などを運んで「艋舺(モンガ)」と呼ばれ歓楽街が栄えたが、日本の土地時代に現在の「萬華(ワンフォア)」に変えられた。

 それでもモンガと呼ぶ人が多い。

P1020506.JPG

 「東三水街市場

P1020508.JPG

 俺たちを何も知らない外国人観光客と思って案内するダイアン。w

P1020510.JPG

 いつ見ても台湾の市場は美味しそうだ。w

P1020509.JPG

 垂れ幕がある。

P1020512.JPG

 「新富町文化市場」とな。

P1020513.JPG

 奥にきれいな建物がある。

 ここですね。

P1020518.JPG

 日本人が建てた市場らしく。

 日本式の家屋もあって、建築家の事務所になっているとか。

P1020521.JPG

 古い市場をリノベーションした施設。

P1020525.JPG

 台湾は、台風が来るので建築物は基本コンクリート製。

P1020527.JPG

 そのせいか、古い建築物をリノベーションするのが流行っているらしい。

P1020529.JPG

 古い建築物をどんどん壊して、近未来的なビルを建てまくる大陸の中国人は、台湾の建物を見るとあまりのボロさに驚くらしい。ww

P1020530.JPG

 ある意味、こちらの方が未来的だと思う。

 私が台湾が好きな理由も、そこにある。

P1020531.JPG

 「新富町文化市場」の中には、古い市場の生活が再現されている。

P1020534.JPG

 受付の照明は小籠包の籠。ww

P1020535.JPG

 昔の料理を再現するワークショップもあるとか。

P1020536.JPG

 展示物を見学して。。

P1020538.JPG

 昔の店舗の断面。w

 1階が店舗で、2階が寝室。
 その間の空間に箱に詰めた衣類や生活用品が入っている。
 ミニマルライフだ。

P1020540.JPG

 昔の生活のジオラマ。

P1020541.JPG

 「新富市場」は売る人も買う人も台湾人と日本人が混在した市場だったそうだ。

P1020543.JPG

 外に出て「あのバイクトラックも展示物か?」と聞いたら。

 ダイアンに「怒られますよ。w」と叱られた。

 台湾は時間が緩やかに流れている。

 

◇2017年夏台湾親子旅行アーカイブ

08月10日(木):1日目台北到着

08月10日(木):1日目クラフトビールと火鍋

08月11日(金):2日目台南へ移動

08月11日(金):2日目海安路と神農街(集品蝦仁飯)

08月12日(土):3日目台南散歩(再發號肉粽)

08月12日(土):3日目台南散歩(窄門珈琲)

08月12日(土):3日目台南でステーキ(COSBY-SALOON)

08月13日(日):4日目台南の朝食(包成羊肉)

08月13日(日):4日目台北に移動

08月13日(日):4日目ダイアンと萬華をフィールドワーク

08月13日(日):4日目台北で打ち上げ(行冊)

posted by アサノ | 07:21 | 2017年夏 台湾親子旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/3997
トラックバック
Search this site