経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 某社で新人研修 | TOP | 某S社UX研修#02 サービスデザイン >>
UX KANSAI #04/05 質的調査の記述と分析

DSCF3154.JPG

 9月02日(土)と03日(日)の二日間。

DSCF3157.JPG

 京都でフィールドワーク合宿をして、大阪で分析と提案をするというワークをやった。

DSCF3163.JPG

 京都丸太町。

DSCF3162.JPG

 聖アグネス教会の近く。

DSCF3167.JPG

 京都YWCAをお借りして、講義とブリーフィング。

DSCF3168.JPG

 早速街に出て行く。

DSCF3174.JPG

 ここから京都の繁華街に出るには御所を横断することになる。w

DSCF3170.JPG

 なんだか秋めいて涼しかったので、ちょっと気持ちが良いね。

DSCF3181.JPG

 私が同行したチームは、タイ料理が食べたいというので河原町通丸太町の「タイキッチン パクチー」へ。

DSCF3177.JPG

 私はいつもの「トムヤムラーメン(極太麺)」。

 辛い美味い辛い美味い。。。w

DSCF3191.JPG

 そこで皆さんと別れて、私は並びの「微風台南」へ。

 フィールドワークとは関係ない。w

DSCF3188.JPG

 夏のマンゴーの季節だけある「芒果冰(マンゴーかき氷)」

DSCF3201.JPG

 帰って来て、撮った写真を選ぶ。

DSCF3204.JPG

 ここで、皆さんが陥る落とし穴は、ついつい特異な行動をする人に注目してしまうことだ。

DSCF3206.JPG

 人はいろいろなバックボーンや趣味嗜好の人がいるのだが。

 その様々な人達が重なる部分を見つけるのが「インサイト(洞察)」ということになる。

DSCF3212.JPG

 観察が上手くいっていないと、分析が苦しくなる。

 観察をしている時は、それが上手くいっているかは分からないものだ。

 次のステップに進むと、初めて上手くいっていたのかダメだったのかが分かる。

 なので、人はそれを体験→経験(エピソード化)という。

 沢山体験して、沢山経験に昇華しよう。w

DSCF3213.JPG

 KAカードを書くのも、観察が悪いと書きにくい。

DSCF3218.JPG

 KJ法でグルーピングを始めると、どんどん傷口が広がって行く。

 それはKAカードが甘いか、グルーピングのラベルが間違っているかだ。

IMG_2113.JPG

 翌日は大阪ヤフーで、調査結果をパターン・ランゲージにするワークショップ。

 前日のKJ法をしくじっていると、更に混迷は広がる。ww

 一般的に思われている「ユーザーに聴けば真実が分かる」などという事は無いのだ。

IMG_2114.JPG

 まあ、今回はかなり上級コースのワークであったので。

 相当ハードルが高かったとは思うが。

01.jpg

 特に、事前の「知識の収納庫」が空っぽだと「問題提起」の問いが立たない。

 何事も案件が始まってから考えたり調査したりは遅いのである。

 いつも問いを持って生活し、知識の収納庫を肥え太らせていないとアイディアが出ないのではなく問題提起が出来ないのだ。

IMG_2115.JPG

 このセミナーの目的は、失敗を繰り返しながら未来に向けて学びを深めることだ。

 今回の2日間の合宿で学んで貰いたいのは。

 ・探索的な調査は積み重ねた知識から問いを立てて行う

 ・分析は直接的な事象ではなく概念化するまで行う

 ・概念化(パターン化)されたものは、他の事柄にも応用できる。

 ・問題解決(ソリューション)は、荒唐無稽ではなく実装を意識して提案する。 

 

参加者のブログ

・高橋さんのブログ:UX KANSAI #4/5 質的調査(記述と分析)その2

・米田さんのブログ:UX KANSAI 2017 折り返し地点通過。

・谷川さんのブログ:質的調査(UX Kansas)

・藤吉さんのブログ:【UX】2017 UX KANSAIワークショップ 第4回&5回

・松本さんのブログ:UX KANSAI #04/05 質的調査(記述と分析)

 

◇UX KANSAI 2017アーカイブ

05月13日(土):#00UX概論

06月03日(土):#01ブートキャンプ

07月08日(土):#02オブザベーション

08月05日(土):#03ビジネスインタビュー

09月02日(土):#04質的調査と記述

09月03日(日):#05質的調査の分析

10月07日(土):#06ユーザー情報の可視化とコンセプトメイク

11月04日(土):#07ストーリーテリング

12月02日(土):#08ペーパープロトタイピング

01月20日(土):#09サービスサファリとプレゼンテーション

posted by アサノ | 07:24 | 全国UXコミュニティー関連 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4000
トラックバック
Search this site