経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 春の南禅寺・永観堂・インクライン | TOP | Xデザイン学校2018 ベーシックコース#01 ブートキャンプ >>
今月の京都めし 2018年04月

DSCF0484.JPG

 4月27日(金)、GWの前日だ。

DSCF0482.JPG

 ラーメン王国京都でも、空白地帯と呼ばれる御所南に1軒あるらしいと聞いてやってきた。

 「麺や高倉二条

IMG_1546.jpg

 我が家から歩いて5分ぐらいの場所にあった。灯台下暗しである。w

 お味はというと、それほどでも無かった。

 どうも「和醸良麺すがり」の系列店らしい。
 京都では、このグループと「際コーポレーション」のチェーン店は出来るだけ入らないことにしている。
 折角京都にいるのに、若者の口に合わせた味のものを食べなくてもいいと思って。

IMG_1549.jpg

 南禅寺・永観堂・インクラインを歩いた後。

IMG_1557.jpg

 三条京阪の、以前から来てみたかった「篠田屋」に寄ってみた。

DSCF0588.JPG

 ちょうどお昼の時間帯が終わる時だったので、がら空き。

DSCF0591.JPG

 名物の「皿盛」を注文!

 カレーライスなんだけど、カツとカレーうどん用餡かけ和風だしのカレーがかかってる。

IMG_1555.jpg

 凄いボリュームで、ごはんだけ少し残した。w

DSCF0593.JPG

 このお店の中は、完全に昭和にタイムスリップしてる。w

 僕らの学生時代の京都は全部こんなだった。

DSCF0594.JPG

 三条大橋を渡って帰ろう。

 京都はどこへでも、徒歩や自転車で移動できるヒューマンスケールの街だ。

 他には福岡がそんな感じ。

 どちらも大好きな街である。

DSCF0595.JPG

 もう床の組み立てが始まっています。

 京都の夏がもうすぐ始まる。

DSCF0596.JPG

 木屋町通の三条通上るところに、先ほどの「和醸良麺すがり」グループの「名前、看板はございません」という店がある。w

DSCF0599.JPG

 先日、井登さんから「高瀬舟を使っていたから、この川は高瀬川というんです。」教えて貰った。

 高瀬船とは、河川や浅海を航行するための木造船で日本各地で運用され、船体が小さく、底が深く(高背)なのでその名がついた。

DSCF0598.JPG

 高瀬川は街中(木屋町の歓楽街)を流れるのに、いつも美しい川面が心を和ませる。

DSCF0601.JPG

 帰る途中に、寺町の家具屋さんで見たソファ。

 事務所のソファベッドも、これにすれば良かった。

DSCF0602.JPG

 本棚兼用のデスク。

 座ってみたけど、膝が当たらない。

P1040280.JPG

 そのうちこれと替えようかな。

DSCF0608.JPG

 二条通りまで来ると、以前から気になっていた店がある。

DSCF0607.JPG

 表に面しているのがチーズとワインとベルモット「Rokka」。

 狭い廊下の奥がバルとデリカテッセンの「ber espanol / deli Laboratorio 」。

DSCF0606.JPG

 今度来てみようか。

IMG_1558.JPG

 夜は新町の「にこみ鈴や」へ。

IMG_1560.JPG

 大好きな「ミノおろしポン酢」

IMG_1561.JPG

 「おでん」

IMG_1562.JPG

 うちの娘がおかわりしたという「もつ味噌煮込み」

IMG_1563.JPG

 「まかないカレー」でしめ。

 ああ、よく食った。w

 

◇京都飲み歩きアーカイブ
・2018年04月:餃子王(聖護院)
・2018年03月:餃子王(聖護院)
・2018年02月:LshiLshiL(麩屋町)
・2017年11月:丹(三条白川)
・2017年11月:燕楽(夷川)
・2017年08月:島原蛸松(島原)
・2017年03月:夢屋(川端二条)
・2016年11月:わっぱ堂(大原)
・2016年08月:Cafe mole(御所南)
・2016年08月:井倉木材(丸太町)
・2016年02月:京都の夜(壱)
・2015年06月:左京区飲み
・2015年06月:丸太町飲み
・2015年04月:大阪と京都の夜
・2015年04月:閻魔堂(四条烏丸)
・2015年04月:MACHIYA兪
・2014年09月:HCD-Netナイト
・2014年09月:BAR K6(京都市役所)
posted by アサノ | 07:29 | 京都生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4130
トラックバック
Search this site