経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 鞍馬口から西陣に向かう | TOP | 伏見稲荷 >>
初夏の東福寺

P1000072.JPG

 6月21日(木)、仕事の合間に東福寺に来た。

P1000074.JPG

 歩く距離の割には深山の趣が感じられる好きな場所だ。

 京都駅からも近くて、意外とすぐ来れる。

P1000079.JPG

 臥雲橋から通天橋を望む。

 紅葉の時期は一面が真っ赤だ。

P1000085.JPG

 日本最古にして、最大級の伽藍だそうである。

P1000086.JPG

 その割には訪れる人は少ない。

P1000090.JPG

 そこも好きな理由かもしれないな。

P1000091.JPG

 通天橋に向かう。

P1000094.JPG

 苔むした境内が美しい。

P1000096.JPG

 通天橋から、先ほど通った臥雲橋を望む。

P1000097.JPG

 向こうに見えるのは、重森三玲の庭のある方丈か。

P1000098.JPG

 一番奥にある開山堂。

P1000100.JPG

 常楽庵開山堂は、中央部分は2階建の楼閣となっており、金閣や銀閣と並び称され京都の五閣の一つだそうだ。

P1000102.JPG

 これは、アジサイ?

P1000105.JPG

 参拝客は日本人より欧米人が多い。

 ここまで来る人は通だね。w

P1000131.JPG

 東福寺のメイン、方丈南庭。

P1000109.JPG

 重森三玲の代表作ですね。

P1000112.JPG

 龍安寺の石庭よりダイナミックな、素晴らしい枯山水だ。

P1000113.JPG

 これは今日の五山を表しているらしい。

P1000117.JPG

 方丈から開山堂を望む。

P1000119.JPG

 通天橋

P1000122.JPG

 モダンな方丈北庭。

P1000141.JPG

 東福寺を後にする。

P1000143.JPG

 参道も良い感じだ。

P1000145.JPG

 朽ちている方が美しい。w

P1000146.JPG

 麓の伏見街道に下りて来た。

P1000149.JPG

 ここから、伏見稲荷に向かいます。

 

◇2018年6月の京都

 6月13日(水):鞍馬口から西陣に向かう

 6月21日(木):初夏の東福寺

 6月21日(木):伏見稲荷

 6月24日(日):中華のサカイ本店と二条小屋

 6月24日(日):日曜日の龍安寺

posted by アサノ | 07:26 | 京都生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4153
トラックバック
Search this site