経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< フィールドワーク (夜の新宿編) | TOP | ヒューマンインタフェース2007 >>
お中元してきました

 お中元のお酒を選びに、多摩市の「小山商店」さんに行ってきました。そういえばお中元とかお歳暮って、頂けばありがたいことなのですが「何でこんなものくれるの!」って唖然とするものあるよね。まったく相手が何を喜ぶか考えていない人・・・。

 これも昔から続くコミュニケーションの手段と考えれば「むむ、おぬしやるな。」と思われた方がいいじゃないですか。デザイナーって、そういうことも水面下で競っている感じがします。

 私の師匠はお酒が大好きで、しかもうるさい・・・。そこで小山商店のご主人喜八氏に選んでもらうわけ。なにせ、師匠の奥様(師匠にあらず)からは、オーボンビュータンの焼き菓子頂いちゃってるから、凄〜くプレッシャーかかってます。

 ちなみにこの奥様、今から10数年前インターネット創生期のころ、師匠がどうしても打ち合わせでイスラエルに行かなくてはならなくなった時に。現在キャノンのデザインセンターにいる松本君をお供に連れて行こうとしたら。「そんなに危険な場所に若い方を連れて行って何かあったらご両親にあわせる顔が無い。浅野さんでも連れていけばいいじゃない。」と言った方です・・・。その話は置いておいて。

 今回のチョイスは「奥播磨 夏の芳醇超辛」と「獺祭 発泡にごり酒本生」です。大吟醸ほど濃くなくさっぱりしつつ、新潟の淡麗辛口よりもうまみのあるお酒。どちらも冷やして飲みましょう。

 後はもう1件「臭〜い芋焼酎ください。」と言ったら「龍霞」というのを選んでくれました。これはどうなのだろう?

 ちなみに私は、日本酒も芋焼酎も飲まないビール党ですが・・・。酒飲みをオブザベーションした長年の知見が積み上げられているのです。自分の好きなことだけが得意じゃまずいよね。

 夜は、息子と2人でカレーうどんを作って食べていたら。美容院から帰ってきた妻が「飲みに行こう。」というので、近所の「にないや」に行き、「アジの南蛮漬け」でグレープフルーツサワーを飲む。ここのサワーは焼酎がきつく、二人して酔っぱらった。
posted by アサノ | 20:48 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site