経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2016年秋 ISIDC チェンマイ 7日目スコータイツーリング(前編) | TOP | 2016年秋 ISIDC チェンマイ 7日目スコータイで打ち上げ >>
2016年秋 ISIDC チェンマイ 7日目スコータイツーリング(後編)

P1060058.JPG

 11月06日(日)、スコータイ歴史公園でWat Maha Thatを見学した後。

02.jpg

 次は北側に行ってみるか?

P1060059.JPG

 12号線方面に行くとスコータイ市街地へ、1113号線方面に行くとスコータイ歴史公園の北部エリアを通って、約50km離れたThung Saliamという地方都市に向かう。

P1060065.JPG

 手前にある15世紀に建てられた「ワット・ソラサック(Wat Sorasak)」に寄る。

P1060062.JPG

 あまりに保存状態がいいので、最近造った彫刻くさい。ww

P1060067.JPG

 更に北に進むと、お濠らしき遺構が見えてくる。

P1060069.JPG

 直角に曲がっているのは、やはりお濠だね。

P1060071.JPG

 「The guard post of the city gate」城内に入るための衛兵のいる門みたいな場所か。

P1060073.JPG

 このお濠(Sao Ho)は、Wat Maha Thatのある城壁側のものなんですね。

 なので、私はこれから城外に出るところだ。

P1060075.JPG

 今度は大きなお堀みたいなのが出て来た。

 Google Mapには載ってないね。w

 乾季には干上がるのか?

P1060079.JPG

 おお!野生のウシか?放し飼いなのか。w

P1060078.JPG

 おしっこをする少年。ww

P1060080.JPG

 やって来ました「ワット・シーチュム(Wat Sri Chum)」。

 ここは衝撃的だった。w

P1060086.JPG

 入口を入って来ると。。

 なんだ!あのでかい目は。w

P1060091.JPG

 奥に入って見ると、あれは汚れで目はその下にあった。w

P1060094.JPG

 この仏像は大きすぎる。

 高さ15メートル、幅11メートルもあるスコータイ最大の仏像らしい。

P1060099.JPG

 神秘的だ〜。

 これを見れただけでもスコータイに来た甲斐があるというものだ。

P1060101.JPG

 この建物も凄い!

 寺院じゃなくて、ただの巨大な仏像ケースなだけ。ww

P1060104.JPG

 外には自転車ツアーで来た人たちの自転車が。

 みんな、大きな水のペットボトル持ってる。

P1060108.JPG

 折角なので1113号線を更に北上してみよう。

P1060110.JPG

 のどかな風景だ。

P1060111.JPG

 タイは国土が広い。

 こういう景色が延々と続く。

P1060116.JPG

 1113号線と12号線の交差点に出て来た。

 左に行けば、昨日通って来たターク、右に行けば112号線を経由して汽車の駅のあるピサヌロークだ。

P1060118.JPG

 更に北上すると、ガソリンスタンド兼雑貨屋さんがあった。

 ガソリンはまだありそうなので、水を買って飲む。

P1060120.JPG

 更に北上すると、移動式焼き鳥屋に遭遇。w

P1060122.JPG

 もうお昼時で、お腹もすいていたので買って食べようか?

P1060124.JPG

 私に売ったら、停まっていた路肩から出て行く焼き鳥屋。w

P1060125.JPG

 凄い煙を吐きながら走り去る。ww

P1060126.JPG

 焼き鳥2本とカオニャ(蒸した餅米)で25バーツ、さっき買った水10バーツ。

 計100円のランチだ。w

P1060128.JPG

 これが美味いんだな〜。

 今回の旅は、タイの焼き鳥にはまってます。w

P1060132.JPG

 タイの田園風景を眺めながら、しばし寛ぐ。

P1060134.JPG

 平和だ〜。。

P1060141.JPG

 これ以上北進してもしょうがないと思い、引き返し始める。

 段々暑くて疲れてきたらカフェがあった。

P1060142.JPG

 早速停車w

P1060143.JPG

 小さなカフェで。

P1060139.JPG

 知的な感じの女性一人でやっていた。

 こんな場所で誰が来るんだろうか?ww

 本日、最初のゆっくりした時間でホッとする。

P1060148.JPG

 歴史公園に向かって帰り始める。

P1060152.JPG

 おお!あと5kmか。

P1060155.JPG

 と思ったら、横に入るダートがあり。

 「俺を誘ってるな?」とインスピレーションが。w

P1060156.JPG

 ああ、なんかある。

 「ワット・サンカワット (Wat Sangkhawat)」

 城内からは遠く、誰も来るまい。

P1060159.JPG

 何かに惹きつけられるように来た。。

 旅にはそういう瞬間があるものだ。

P1060162.JPG

 なんだか気持ちが悪いが、バイクを降りてみる。

P1060163.JPG

 この朽ち果て具合が素晴らしい。

P1060165.JPG

 今日はいいものを沢山見たが、この出会いは偶然で素晴らしい。

P1060166.JPG

 裏道を通って南下する。

P1060167.JPG

 このまま行って大丈夫か?w

P1060168.JPG

 こういう「新古典主義」的な光景は大好きだ。

P1060171.JPG

 なぜか、海外でもバイクに乗っていると迷う恐怖感が無いんだよね。

 自由に動けるということが、精神を開放するのか?

P1060172.JPG

 向こう側に開けた土地が見えた。

 歴史公園に出たかな?

P1060177.JPG

 バイクを停めたら、JKらしき集団が歩いて来た。

 奥に何かあるのか?

P1060178.JPG

 「ワット・プラ・パーイ・ルアン(Wat Phra Pai Luang)」

 これは大きなお寺だ。

P1060179.JPG

 この、巨大な像がはがれちゃったみたいなやつ。

 「仏陀遊行像(ウオーキングブッダ)」といって、スコータイ特有の様式らしい。

 左足に重心をのせ右のかかとを浮かせて、仏法を説いて回っているとも、天から地上へ降りてくる姿だともいわれる。

P1060183.JPG

 ここは小さい仏像が多いけど、破損が激しいですね。

P1060189.JPG

 スコータイ王朝が誕生する以前に、クメール支配下の時代にスコータイの中心となりこの周辺に最初の集落が形成されたそうだ。

P1060192.JPG

 ワット・マハタートに次ぐ格式の高い寺で、3つの塔があったが今残っているのはこの一つだけ。

P1060194.JPG

 クメール王朝のアンコール遺跡にもある「ナーガ(蛇神)」像。

P1060195.JPG

 こういう破風彫刻にもヒンドゥー文化のクメール様式が残っているな。

P1060196.JPG

 今日はもうへとへとだ。w

P1060200.JPG

 そろそろ帰ろうかな?

P1060202.JPG

 12号線を1時間走ると、汽車の駅のある大きな街ピサヌロークだ。

 しばらく走ってみたが、流石に帰るのが億劫そうなので引き返して来た。

P1060204.JPG

 夕方、日が落ちてからしばらく近隣を走り回って、レンタルバイク屋に帰還。

 ちゃんとデポジットの2000バーツは回収。w

 今日は楽しかったな〜。

 

◇2016年秋 ISIDC チェンマイ アーカイブ

05月18日(水):ISODC 2016(タイ・チェンマイ)に向けてそろそろ始動

10月31日(月):1日目チェンマイ到着

10月31日(月):1日目ワローロット市場とピン側左岸

10月31日(月):1日目全員集合

11月01日(火):2日目ISIDC初日

11月01日(火):2日目チェンマイ大学芸術学部

11月01日(火):2日目チェンマイでクラフトビール

11月02日(水):3日目午前中は旧市街散歩

11月02日(水):3日目ISIDC2日目

11月02日(水):3日目タイ式焼き鳥で一杯

11月03日(木):4日目パーイへツーリング(前編)

11月03日(木):4日目パーイへツーリング(後編)

11月03日(木):4日目ISIDC3日目中締め

11月04日(金):5日目ソンテウを貸し切ってチェンマイ観光(前編)

11月04日(金):5日目ソンテウを貸し切ってチェンマイ観光(後編)

11月04日(金):5日目チェンマイ最後の夜

11月05日(土):6日目さらばチェンマイ

11月05日(土):6日目スコータイへバス旅行

11月05日(土):6日目スコータイの夜

11月06日(日):7日目スコータイツーリング(前編)

11月06日(日):7日目スコータイツーリング(後編)

11月06日(日):7日目スコータイで打ち上げ

11月07日(月):8日目スコータイの朝

11月07日(月):8日目バンコクへのバス旅行

11月07日(月):8日目バンコックでカオマンガイ

11月08日(火):9日目やっと帰国

 

 

posted by アサノ | 07:27 | 2016年秋 ISIDC チェンマイ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4161
トラックバック
Search this site