経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2016年秋 ISIDC チェンマイ 4日目パーイへツーリング(後編) | TOP | 丹後半島伊根ドライブ >>
祇園祭 2018 後祭宵々山

P1000456.JPG

 07月22日(日)の夜。

P1000464.JPG

 今回初めて祇園祭の後祭の時期に京都にいました。w

P1000457.JPG

 前祭と後祭の規模を考えると、後者はスケールが小さくてどうでも良さそうで。。

P1000463.JPG

 17日の前祭では、八坂神社から神様の乗った神輿を四条の新京極・寺町商店街前の御旅所へお迎えし。

 24日の後祭では、八坂神社に神輿を帰すということ。

P1000476.JPG

 神様(神輿)が通る道を清める為に山鉾巡行が行われます。

P1000462.JPG

 宵山はその前夜祭です。

P1000479.JPG

 商家は、家宝の屏風を一般公開してその権勢を見せびらかすとか。w

P1000481.JPG

 後祭の鉾は、あまり大きくないのが10基、前祭は大きなのを含めて23基と、そのスケールが違います。

P1000482.JPG

 そこで私は毎年前祭を見に来ているのですが。

P1000483.JPG

 後祭に初めて参加した感想は。

P1000484.JPG

 いや!良かった〜。なんですw

P1000486.JPG

 まず、観光客が少ない。w

 感覚的には10分の1ぐらいか。

P1000493.JPG

 前祭はもの凄い人出で、辻々の鉾を見るのにも一方通行の行列なのだが。

P1000495.JPG

 人が少ないから、なんでもゆっくり見れるし。

 逆走も可だ。w

 おみくじ買ってみたら「吉」だった。
 6月に伏見稲荷でへこむようなおみくじを引いたので、ちょっと気が楽になった。w

P1000498.JPG

 例えると、地方都市の夜祭に来ているような気分だ。

P1000502.JPG

 人が少なく、提灯も少ないので闇が濃い。

P1000503.JPG

 その分、提灯の灯りが神秘的に見える。

P1000511.JPG

 来年からは後祭だけでいいかな〜。

P1000513.JPG

 前祭に比べると、どことなく暗いんだな〜。

P1000517.JPG

 ちょうど良い暗さで。

P1000518.JPG

 お囃子も静かだ。

P1000523.JPG

 本当に闇が濃い。

P1000525.JPG

 後祭は、鉾が立っているのは室町通と新町通の二筋だけ。

P1000529.JPG

 晩ごはんを食べに出て来たので、新町通を北に上る。

P1000554.JPG

 おなじみ「にこみ鈴や」で夕ごはん。

 私はここの「胡瓜のぬか漬け」と「ミノおろしポン酢」「まかないカレー小」があれば満足だ。w

P1000556.JPG

 もう10時を過ぎると、徐々に鉾の電気が消え始める。

P1000562.JPG

 最後に「大船鉾」を見て帰ろう。

 蛤御門の変で消失してから142年振りで、平成26年に復元された鉾だそうである。

 しかも今年から龍頭がつくそうです。

P1000564.JPG

 いい気持で部屋に帰りましょう。

 明日が宵山で、明後日は山鉾巡行だ。

 

◇2018年祇園祭アーカイブ

07月16日(月):炎天下の京都

07月16日(月):前祭宵山

07月17日(火):前祭山鉾巡行

07月22日(日):後祭宵々山

07月23日(月):丹後半島伊根ドライブ

07月24日(火):後祭山鉾巡行

07月25日(水):下鴨神社みたらし祭

 

◇2017年祇園祭アーカイブ

07月16日(日):宵山

07月17日(月):山鉾巡行

07月17日(月):神幸祭

 

◇2015年祇園祭アーカイブ

07月15日(水):宵々山

07月16日(木):宵山

07月17日(金):台風直下の山鉾巡行

07月17日(金):深夜の神幸祭

 

◇2014年祇園祭アーカイブ

7月15日(火):祇園祭宵々山

7月16日(水):インフォバーン(京都)

7月16日(水):猪一(京都寺町)

7月16日(水):祇園祭宵山

7月17日(木):祇園祭山鉾巡行

 

posted by アサノ | 07:25 | 京都生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4182
トラックバック
Search this site