経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< パナソニックAP社HCD/UXD基礎研修 #04ペルソナ/シナリオ法.咼献優好ぅ鵐織咼紂 | TOP | 今月の静岡めし 2018年10月 >>
Xデザイン学校大阪分校 #06 ユーザー情報の可視化

DSCF0820.JPG

 10月06日(土)、本講座も折り返し点を越えて、抽象的な概念の探索から事業化ベースへと移行してきた。

DSCF0823.JPG

 今回はユーザーインタビューから、ペルソナ/シナリオを書くところまで。

DSCF0826.JPG

 どの研修でも同じだが、必ず上位下位関係分析で苦労する。w

 これも慣れなので、上手くラダーアップしない場合は、インタビューに戻ってしっかり聴いてみることだ。

DSCF0836.JPG

 カードは体言止めではなく、状況が目に浮かぶようにと言ったら。

 皆さん意外とちゃんと書いてる。w

DSCF0842.JPG

 ここからが問題なのだが。。

 「先進的なユーザーをインタビューしてペルソナを作って下さい。」という課題に対して。

 既に出来上がっているはずの工務店のビジネスモデルとの乖離がひどい。ww

 特に先進的だと思って自分で家族や住宅を持っていない学生にインタビューするセンスが分からない。w
 これからは、このペルソナを顧客としてサービスのアイディアを詰めて行くんだよ。

DSCF0843.JPG

 講義中に「ビジネスモデルが決まっていないと、キャストの中のどのグループを統合してペルソナにするのか。」という話をしていたはずなのに。

 また大学教員に教育に対するインタビューをしても、工務店が実践する「豊かな生活」のサービス創出には繋がらなさそう。

 やはり、個人の特殊な行動に着目し過ぎると、最大公約数のニーズの概念化が出来なくなり、多くの人に共感してもらえるサービスにならなくなる。

 常にビジネスを考える際には、どこまでスケール出来るのか常に頭に置いて考えよう。

DSCF0831.JPG
 以前から皆さんに薦めている本
 これはあらゆるビジネスモデルをCVCA化したもので、大変勉強になりますよ。

DSCF0844.JPG

 研究生は、進捗状況が滞りがちなので、どこかで中間発表して貰おうか。

 

◇受講者のブログ

 ・森田先生:Xデザイン学校大阪分校BC 第6回ユーザー情報の可視化に参加

 ・堤さん:Xデザイン学校 6回目 ユーザー情報の可視化

 ・大矢さん:Xデザイン学校 第6回ユーザー情報の可視化

 ・河田さん:Xデザイン学校 6回目 ユーザー情報の可視化の振り返り

 ・岸さん:Xデザイン学校第6回 ユーザー情報の可視化

 ・河本さん:Xデザイン学校(第6回ユーザー情報の可視化)

 ・段床さん:Xデザイン学校第6回[ユーザー情報の可視化]

 ・高橋社長:必殺技を捨てろ!

 ・中川さん:Xデザイン学校大阪分校 第6回「ユーザー情報の可視化」

 

◇インターン学生のブログ

 ・美香ちゃん:Xデザイン学校大阪分校#06ユーザー情報の可視化

 ・れんしろう:Xデザイン学校大阪分校 第6回 「ユーザー情報の可視化」

 ・涼:2018-10-06 Xデザイン学校#6

 ・イヨキ:第6回ユーザー情報の可視化

 

◇2018年Xデザイン学校大阪分校ベーシックコース・アーカイブ

 03月23日(土):#00 UX/サービスデザインの今とみらいを考える

 05月26日(土):#01 ブートキャンプ

 06月23日(土):#02 オブザベーション

 07月21日(土):#03 ビジネスインタビュー

 09月01日(土):#04 質的調査と記述(京都合宿)

 09月02日(日):#05 質的調査の分析(大阪会場)

 10月06日(土):#06 ユーザー情報の可視化

 11月03日(土):#07 ストーリーテリング

 12月01日(土):#08 ペーパープロトタイピング

 01月12日(土):#09 アクティングアウトと発表

posted by アサノ | 07:30 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4223
トラックバック
Search this site