経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< Xデザイン学校2018ビギナーコース#02 質的調査ビジネスインタビュー | TOP | デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい) >>
減薬に変更した

IMG_5897.JPG

 今朝は10月13日(土)。

 前回書いたが、断薬を始めて2日間は飲まずに済んでいたが。

 昨夜は、01時頃苦しくて目が覚めて、すさまじい不安感にさいなまれ。

 息が苦しいので、家から外に出て夜道をふらふら歩いた。

 それでも苦しさは止まないので、やむなく家に戻りデパス0,25mmをピルカッターで半分に割り飲んだ。

 分量が少ないのか、なかなか効かず眠気が訪れたのは03時頃。

 もうこれは、完全な依存症になってるとゾっとした出来事だ。

 

 眠気がさすまで、ネットで依存症について見ていると。

 これにたどり着いた。

 ◇デパス断薬の離脱症状が続く期間は?乗り切るために重要なこと

 ◇抗不安薬(精神安定剤)の効果

 

 やはり、個人的に断薬すると症状を悪化させることがあるらしい。

 もう依存症になっているなら、緩やかに減薬することにしよう。

 今回なぜ依存症になったのか疑った理由が、以前かなりのオーバードーズだった時の症状に似て来たためだ。

 □以前の症状

 ・ふらつき(下りエスカレーターで落ちそうになったことも)

 ・物忘れ(メガネや貯金通帳など落とした事さえ覚えていないこと多数)

 ・ものを落とす(よく人に「落としましたよ」と言われていた)

 ・呼吸困難(コップの水を飲むだけで苦しかった)これがきつかった

 ・耳鳴り(ある日突然耳の中でセミが大音量で鳴きだした)

 ・急激な不安感(これが飲み始めた原因)

 ・閉所恐怖所(飛行機・新幹線は乗れなかった)

 

 結局これは2回の手術と、ハードな旅で乗り切った。 

 睡眠困難も、仕事をやめて「眠くなるまで夜更かししまくる」ことで改善できた。

 今回の症状は、上記の軽めな感じに(気絶したように寝てしまう)(激しい耳鳴り)と(目の焦点が合わない)という自律神経の狂いがある感じだ。

 □今後の施策

 ・徐々に減薬しよう

 ・信頼する医師のところに相談に行く

 ・漢方薬に頼る

 ・軽い運動を続ける

 ・食生活を出来る範囲で改善する

 

 うむ、やってみよう。

 

◇病院好きアーカイブ

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

2017年01月:インフルエンザになっちゃった

2016年08月:病院でインタビューの話で盛り上がる

2016年08月:5軒目にして名医に辿り着く

2015年01月:再びピロリ菌の駆除

2014年12月:年末に胃カメラを飲む

2014年11月:経過観察の続き

2014年11月:経過観察の続き

2014年09月:久々の経過観察

2014年03月:病理組織検査結果説明

2104年02月:前立腺肥大腺腫剥離手術

2014年02月:手術前説明

2014年02月:手術前検査2

2014年01月:手術前検査1

2013年11月:前立腺癌の判定

2013年11月:病理組織検査結果

2013年10月:腹腔鏡下胆嚢摘出術

2013年10月:南大沢の名医の元へ

2013年09月:大腸内視鏡検査の結果説明と麻酔コンサルト外来

2013年09月:大腸内視鏡検査

2013年08月:更に精密検査に行く(胆のう専門外来)

2013年08月:人間ドック2013

2013年07月:腹部のMRIを受けてきた2013

2013年05月:脳のMRIを受けてきた2013

2013年01月:生検結果とピロリ菌退治

2013年01月:胃の内視鏡検査を受けてきた

2012年11月:区の胃がん検診を受ける

2012年09月:脳のMRIを受けてきた

2012年03月:生体検査の結果を聞きに行く

2012年03月:生体検査(日帰り手術)

2012年03月:耳鼻科再診

2012年03月:耳鼻咽喉科に行く

2012年02月:検査結果を聞く

2012年02月:精密検査

2011年12月:人間ドック

2011年08月:生体検査

2011年07月:精密検査

2011年03月:脳のMRI

posted by アサノ | 07:31 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4229
トラックバック
Search this site