経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2018年11月のイベント(アサノの記録) | TOP | Xデザイン学校2018アドバンスコース#06 話題提供 >>
Xデザイン学校2018 マスターコース#06 UXデザインコンセプトとビジネス戦略

IMG_5914.JPG

 10月20日(土)、今回から後期5回はマスターコースを担当することになった。

 まずは各チームの進捗状況を聞いてみると、かなり混迷してる。w

 最終日の発表のイメージを持って貰って、そこからバックキャストでやることを決めて行く。

 テーマはYahoo!のeコマースの新しいサービスだ。

yahoo-03.jpg

 まずビジネスインタビューの質が低いので、なにをしたいのかのブランドが定義されていないままユーザー調査に入っていた。

 そうなると、どこからユーザーを連れて来るかが曖昧になり、いつの間にか自分がペルソナになりアイディア勝負みたいになってくる。

 ビジネスインタビューは1回でビジネスモデルを明確に言語化出来るクライアントや上司はいない。

 何度もいろいろな方向から聴いて「ようするに、こういう事ですよね?」と訊ねなくてはいけない。

IMG_5915.JPG

 社会にディスクローズされている情報も大切だ、Yahoo!が目指すビッグデータを応用した「eコマース(電子商取引による物販)」「インターネット広告」「モバイルペイメント」をどうするかが必要だ。

 それを抜かしてeコマースだけ考えてしまうと「自分が似合う服を教えてくれるサービス」みたいな狭いものに行ってしまう。

 Yahoo!とソフトバンクが一挙に攻勢をかけるモバイルペイメントの経済圏に今まで入っていなかった客を導くサービスを考えて欲しい。

 ということは、今までYahoo!やソフトバンクのサービスを使っていない、その経済圏にいない人が対象だと分かる。

 「新しい買い物体験」というのは、直接的な買い物そのもを考えてはいけない、そんなことを話した。

 Yahoo!がビッグデータを応用して始める「顧客の与信スコア」なんていうのも、ある意味では新しい買い物体験に繋がってくるはずだ。

 

◇Xデザイン学校2018マスターコース・アーカイブ

05月19日(土):#01エスノグラフィ(佐々)

06月16日(土):#02エスノグラフィ(佐々)

07月14日(土):#03ビジネスインタビュー(山崎)

08月25日(土):#04価値分析とUXデザインパターン

09月15日(土):#05リフレームとアイディア発想(山崎)

10月20日(土):#06UXデザインコンセプトとビジネス戦略

11月10日(土):#07ストーリーボードと簡易プロトタイプ

12月15日(土):#08体験プロトタイピングとビジネスプロトタイピング

01月19日(土):#09UXデザイン評価とビジネスモデル評価

02月23日(土):#10最終発表

 

◇Xデザイン学校2018 ベーシックコース・アーカイブ

05月19日(土):#01ブートキャンプ

06月16日(土):#02ビジネスインタビュー

07月14日(土):#03調査技法の基礎(脇阪)

08月25日(土):#04調査分析の基礎(脇阪)

09月15日(土):#05ペルソナ/シナリオ法

10月20日(土):#06UXデザインコンセプトの基礎(山崎・脇阪)

11月10日(土):#07UXデザインプロトタイプの基礎(山崎)

12月15日(土):#08UXデザイン評価の基礎(山崎)

01月19日(土):#09UXデザイン具体化の基礎(山崎)

02月23日(土):#10最終発表(山崎)

 

posted by アサノ | 07:26 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4237
トラックバック
Search this site