経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< Xデザイン学校2018ビギナーコース#03 質的調査ビジネスインタビュー | TOP | CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018 >>
デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた)

IMG_3562.jpg

 10月22日(月)13日目。

 爽やかな秋晴れの一日。

 高円寺の事務所に、セコムの防犯カメラ取り外しの立ち合いに行って来た。

 外にいるのは気持ちが良い。

 帰りがけに西新宿の「もうやんカレー」に寄ってみる。

 バイキング形式のカレー山盛り食べる元気が出て来たみたいだ。

 今夜も不安感に襲われず、デパスを飲まずに寝れた。

 睡眠時間は毎晩4〜5時間程度で、あとはうつらうつらしているだけだが、3晩飲まずに眠れたのは光明が見えた気がする。

 「いつまで離脱症状が続くのだ?」というストレスが一番つらいものだ。

IMG_3573.jpg

 10月23日(火)14日目。

 まずは2週間と思って始めたが、かなり苦しい戦いだった。

 デパスの副作用として便秘があるというが、確かにそうだった。

 今日は、汚い話で恐縮だがこれでもかというぐらい出た。

 凄いデトックス感があって、素直にうれしい。w

 世の中にはこのベンゾジアゼピン離脱症候群に悩んでいる人は多いのだ。

 脳が誤作動を起こしてありとあらゆる症状が出るそうだ。

 今悩みの耳鳴りや目の障害、体の冷え、息が苦しい、不眠などはいつかは和らぐだろうか。

 ◇【デパス断薬】離脱症状 VS 緩和方法|前準備〜6日目までの全記録!

 

◇デパス減薬日誌

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:35 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4239
トラックバック
Search this site