経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2017年春 初めての機車環島 3日目高雄でスクーターを借りる | TOP | デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) >>
Xデザイン学校2018ビギナーコース#03 質的調査ビジネスインタビュー

IMG_6027.JPG

 10月25日(木)、第3回目。

 ビギナーコースの3回目にしてはかなりハイレベルな内容だ。

IMG_6021.JPG

 JVCケンウッドさんのパブリックサービスのチームの3年後のビジネスモデルを考える。

 各グループにクライアントさんが1名ずつ入ってのワーク。

IMG_6018.JPG

 しかし、新規事業開発というとすぐ IoT、AI、ロボット、ドローンと流行りのものを並べてしまう。

 そういうのは「デジタルジレンマ」と言って、企業がデジタルトランスフォーメーションすればするほど、同業他社とのインターフェースが同一化して差別化がしにくくなる。

 問題は、デジタル化の取り組みが「技術フォーカス」になっていること。

 そうではなく、「人間中心」にデジタル、データ、サービスをデザインすることが重要だ。

 その為に「この企業は何をもって現代社会に必要な企業であるか」のブランドを定義する必要がある。

 誰でも一様に「データを売る」とか「レコメンドをくれる」とか言うのはやめて欲しいぞ。w

IMG_5934.JPG

 やっぱりこれが足りないんだよね。

 IBMでは必ずこれを問うそうだ。

 「How will you differentiste from competitors? How will you measure success?(どのように競合他社と差別化しますか?成功をどのように測定しますか?)」

 それが無いから、こうなっちゃう。w

IMG_2276.JPG 

 私が事例に出した深圳の「個室IoTカラオケボックス」。

 これならパブリックサービスのアセットが活用出来て、今後の5G通信で大きなデータをクラウドに出し入れ出来る。

 更にユニット化してスタートアップに「個室ゲームルーム」や「個室フィトネスジム」など様々なビジネスを創出させるプラットフォームになる。

 ついでにヤフーかLINEのペインメントサービスと連携しても良いかも。機能を増やして魅力を増やすはご法度だけど。w

 これからはジャック・マーが言うように「大規模生産、標準化からカスタマイズ化、スマート化にシフトできない企業は生き残れない。」なのである。

IMG_6028.JPG

 かなり酷評したが、失敗しなくては分からないこともある。

 これを今後の糧にするためには、リフレクションが大切。

 やりっぱなしにしないで省察してみようね。

 

◇Xデザイン学校2018 ベーシックコース#02 ビジネスインタビュー
◇Xデザイン学校大阪分校 #03 ビジネスインタビュー(受講生の省察ブログが圧巻w)

 

◇Xデザイン学校2018ビギナーコース・アーカイブ

09月27日(木):#01回 UX概論

10月10日(水):#02回 質的調査ビジネスインタビュー

10月25日(木):#03回 質的調査ビジネスインタビュー

11月08日(木):#04回 質的調査ユーザーインタビュー

11月22日(木):#05回 質的調査ユーザーインタビュー

12月07日(金):#06回 ペルソナ/シナリオ法

12月20日(木):#07回 ペルソナ/シナリオ法

01月18日(金):#08回 構造化シナリオ法

02月01日(金):#09回 構造化シナリオ法

02月15日(金):#10回 発表会と講評

 

◇Xデザイン学校2018マスターコース・アーカイブ

05月19日(土):#01エスノグラフィ(佐々)

06月16日(土):#02エスノグラフィ(佐々)

07月14日(土):#03ビジネスインタビュー(山崎)

08月25日(土):#04価値分析とUXデザインパターン

09月15日(土):#05リフレームとアイディア発想(山崎)

10月20日(土):#06UXデザインコンセプトとビジネス戦略

11月10日(土):#07ストーリーボードと簡易プロトタイプ

12月15日(土):#08体験プロトタイピングとビジネスプロトタイピング

01月19日(土):#09UXデザイン評価とビジネスモデル評価

02月23日(土):#10最終発表

 

◇Xデザイン学校2018 ベーシックコース・アーカイブ

05月19日(土):#01ブートキャンプ

06月16日(土):#02ビジネスインタビュー

07月14日(土):#03調査技法の基礎(脇阪)

08月25日(土):#04調査分析の基礎(脇阪)

09月15日(土):#05ペルソナ/シナリオ法

10月20日(土):#06UXデザインコンセプトの基礎(山崎・脇阪)

11月10日(土):#07UXデザインプロトタイプの基礎(山崎)

12月15日(土):#08UXデザイン評価の基礎(山崎)

01月19日(土):#09UXデザイン具体化の基礎(山崎)

02月23日(土):#10最終発表(山崎)

 

posted by アサノ | 07:29 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4240
トラックバック
Search this site