経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< Xデザイン学校大阪分校 #07 ストーリーテリング | TOP | 大原の里の秋 >>
デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

IMG_6014.JPG 

 10月26日(金)17日目。

 朝起きた時のコーヒーが楽しみで、毎日2杯飲んでいる。

 カフェインで重たい頭をドーピングしているのだろうと思う。

 逆に夜はお茶すら飲まないようにして、白湯だけで済ましている。

 もう3日間デパスを飲まないでいる、少しずつ置かれた環境に適合するように考え始めた。

 そういう考え方が出来るようになって来たのは、少しは薬が抜けて来たからなのかもしれない。

IMG_6035.JPG

 10月27日(土)18日目。

 目が見えないのは、目の焦点が合わないからだと考えた。

 原因はどこにあるかは分からないが、現象はたぶん下記2つだと分析した。

 ・薬物或いは自律神経失調によるドライアイ(進むと眼瞼けいれんになる)

 ・加齢による度数の変化

 そのために、今までのように深夜までPCで仕事をするのをやめた。せめて寝る2時間前にはPCの電源を切った。

 ドライアイにならないように目薬をさす。

 昼間は一度は外を歩いて遠くを見る。

IMG_6039.JPG

 検眼をして、新しいメガネを作った。

 そうすると、夜になると急激に目が見えなくなりパニックになることが無くなった。

 目の中に何か異物があってごろごろする感覚も減った。

 少しずつだけれども、完治するまでは付き合って行くという路線で考えようと思う。

 それにしても「薬物依存症によって脳が誤作動を起こすので、どんな症状が出てもおかしくない。」というのは本当だと思う。

 ということは「本当の疾病ではないので、下手に慌てない方が良い」と考えればいいのだね。w

 

◇デパス減薬日誌

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

 

posted by アサノ | 07:28 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4243
トラックバック
Search this site