経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) | TOP | パナソニックAP社HCD/UXD基礎研修 #06構造化シナリオ法 >>
CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018

01.jpg

 10月30日(火)、ご招待を頂いてパナソニックの100周年記念イベントに有楽町の東京国際フォーラムに行って来た。

 パマソニックのゲームチェンジについて津賀社長がお話をされるという。

 ◇https://www.panasonic.com/jp/100th/forum.html

 簡単にまとめると、まっとうで素晴らしい話だった。

 

 次の100年の「くらし」をつくる

 〜パナソニックは家電の会社から、何の会社になるのか〜

 くらしアップデート業になる

 ・これまでは

  生活者 → マス → アップグレード

 ・これからは

  未完成品を世の中に出す → 使う人の手に渡って余白を埋める → アップデート

 まさに、この1年間私が言い続けていたことそのままである。

 翌々日に京都のデザインセンターに行った時も、パナソニックの女性に「あの津賀社長のスピーチの原稿は、浅野先生が書いたんですか?」と聞かれた。ww

 そのくらい、どんぴしゃのタイミングだった。

 日本のメーカーの経営者が、こういう事を言う時代になったんだな〜。

 もう一人いるとすれば、トヨタの豊田章男社長だな。

 この2社のトップがこういう話をすれば、日本の製造業はゲームチェンジに加速するだろう。

 

posted by アサノ | 07:31 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4256
トラックバック
Search this site