経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< パナソニックAP社HCD/UXD基礎研修 #06構造化シナリオ法 | TOP |
パナソニックAP社HCD/UXD基礎研修 #07体験プロトタイピング

DSCF1219.JPG

 11月15日(木)、第7回目基礎編の最後。

DSCF1169.JPG

 今回はストーリーボードを描いて、それに合わせた操作画面のワイヤーフレームを描いて貰う。

DSCF1208.JPG

 大切なのはユーザー体験であるストーリーボードを先に描いてから、インタフェース(操作)を描くことだ。

 今回はストーリーボードも2段階に分けて粒度を細かく書いて貰った。

 それに対して操作画面は、構造→画面設計へと粒度が上がる。

DSCF1213.JPG

 最後にウォークスルー評価をやって全工程を終了。

 次回からは実践編(全8回)が始まる。

 

◇パナソニックAP社HCD/UXD基礎研修2018アーカイブ

 08月29日(水):#01質的調査インタビューとCJM

 09月07日(金):#02質的調査オブザベーション

 09月18日(火):#03質的調査エスノグラフィ

 10月04日(木):#04ペルソナ/シナリオ法.咼献優好ぅ鵐織咼紂

 10月18日(木):#05ペルソナ/シナリオ法▲罅璽供璽ぅ鵐織咼紂

 11月01日(木):#06構造化シナリオ法

 11月15日(木):#07体験プロトタイピング

 

posted by アサノ | 07:35 | 企業研修(守秘義務アリ) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4260
トラックバック
Search this site