経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 夜の高台寺 | TOP | パナソニックAP社サービスデザイン実践研修 #02ユーザー調査計画と社会動向 >>
デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

IMG_0167.JPG

 12月11日(火)63日目、2ヵ月を過ぎた訳だ。

 夜中の02:30頃目が覚めて、大きな耳鳴り・目の異物感・小さな不安感で眠れない。

 久しぶりの不安感でパニックになりそうになるが、落ち着いておとなしくしていると2時間ぐらいで治まった。

 左手の薬指の麻痺や、昼間眠くて眠くてしょうがない、手がもの凄く冷たいなど、ありとあらゆる症状が襲ってくる。

 歯医者さんと話したら「整体の人が、敏感な人は1回飲んだだけで抜けるのに何週間もかかる。」と言っていたという。

 私は人一倍薬に敏感な体質なので、相当ダメージがあったのだろう。

 本当に全快する日が来るのだろうか、それとも苦しさで精神がおかしくなる方が早いのだろうか。。

 

◇デパス減薬日誌

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:38 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4284
トラックバック
Search this site