経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 海底撈火鍋(大阪心斎橋) | TOP | 2017年春 初めての機車環島 5日目なんとか台湾島の西側に出る >>
2017年春 初めての機車環島 5日目ここからは未踏の地

P1000374.JPG

 3月25日(土)、今回の旅のハイライト。

P1000375.JPG

 花蓮から宜蘭(イーラン)への蘇花公路を北上する。

 台湾東部の蘇澳(すおう)から花蓮(かれん)港までの約120kmの海岸は大理石を主とする急峻な大断崖が連続している。

 この区間は汽車でしか通ったことが無いので、まさに未踏の地だ。

 台湾島の山岳地帯が太平洋になだれ落ちる一帯である。

P1000379.JPG

 日本でいえば日本アルプスが日本海になだれ落ちる親不知子不知のような地形だ。

P1000380.JPG

 海岸線まで太魯閣の断崖絶壁が迫る。

P1000381.JPG

 これから環島最大の難所に挑むサイクリスト達。

P1000383.JPG

 この周辺は、イタリアの山岳地帯ドロミテに似ている。

 岩盤が大理石で白いからか。

P1000388.JPG

 10年ぐらい前にドイツのミュンヘンからBMWのバイクに乗って旅した時を思い出す。

P1000393.JPG

 海岸線に出て来た。

P1000396.JPG

 これからは、海すれすれのワインディングを走ることになる。

P1000397.JPG

 レンタルバイク屋でも、この区間は夜は走るなとクギを刺された。

P1000398.JPG

 さあ、この辺りから難所なのか?

P1000400.JPG

 海岸線は砂浜は少なく、断崖絶壁が直接海に雪崩れ込む。

P1000403.JPG

 その断崖絶壁に張りつくように穿った水平道が見える。

P1000412.JPG

 海はきれいだ。

P1000416.JPG

 おお!今朝会ったサイクリスト達か?

 自転車は思いのほか多く。

 サポートカーのついた小学生の団体もいた。

P1000422.JPG

 いい眺めだが、停まることが出来ないぐらい道が狭い。

P1000426.JPG

 後ろを振り返る。

P1000430.JPG

 トラックが多くて怖かった。

P1000451.JPG

 海岸線を離れて、街中の道路が良く分からずぐるぐる走った後に「宜蘭車站」に到着。

P1000452.JPG

 ちょうどお昼時だ。

P1000432.JPG

 宜蘭の街をぐるぐる。

P1000436.JPG

 小さな鄙びた街だ。

P1000437.JPG

 市場らしき場所に来た。

P1000440.JPG

 朝からずっと緊張しっぱなしだったので。

P1000441.JPG

 疲れと空腹でダウン寸前。

P1000443.JPG

 もう、どんな店でもいいや!

P1000450.JPG

 あったあった、もうここで休もう。

P1000446.JPG

 魚玉の麺と魯肉飯。

P1000449.JPG

 ああ、やっと一心地ついた。

 午後は山を越えて、台北市のある西海岸を目指す。

 

◇2017年3月初めての機車環島アーカイブ

3月21日(火):1日目台北に到着

3月22日(水):2日目台南に移動

3月22日(水):2日目台南をうろつく

3月23日(木):3日目高雄でスクーターを借りる

3月23日(木):3日目台東の民宿小時光

3月24日(金):4日目花東公路海線を行く

3月24日(金):4日目花蓮に到着

3月25日(土):5日目ここからは未踏の地

3月25日(土):5日目なんとか台湾島の西側に出る

posted by アサノ | 07:29 | 2017年3月 初めての機車環島 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4298
トラックバック
Search this site