経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2018年夏 イタリア北部親子旅行 3日目ヴェネツィアに向かう | TOP | Xデザイン学校2018ビギナーコース#10回 発表会と講評 >>
脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

P1090546.JPG

 2019年02月12日(火)、第126日目。

 いつもお世話になっている芝大門の病院に行って来た。 

 前日先生が八千草薫のすい臓がんの説明でテレビに出ていたせいか、初診の患者さんが待合室にあふれてた。ww

 人間ドックのデータを見て貰いながら、先月処方して貰った漢方薬の効き具合を相談。

 視力の落ち込みに関しては、こういう衝撃を受けると一時的に下がるので、そのうち元に戻るだろうと。

 夜になると視力が極端に落ちるのが減って来たのは、漢方薬では無いがビタミンA錠剤の投与が効いたらしい。

 多分、身体が何かの原因で大量にビタミンAを消費してしまったので、目に影響(いわゆる鳥目)になった。

 ビタミンA欠乏症は、大きなけがや重いやけどなどをして、血液中のたんぱく質が急激に減少した時にも起こるそうだ。

 ビタミンAの錠剤を3倍に処方して貰った。

 こういう風に、原因から症状・処方を説明して貰うと、凄く良く分かるし安心する。

 失明の恐怖から解放されたのは本当に嬉しい。

 人の苦しみを少しでも軽くする仕事は尊いものだ。

 

 ■現状

 ・耳鳴りの減少:整体で首の緊張が取れたから

 ・目が見えるようになって来た:漢方医にビタミンA不足を見つけて貰った

 ・左手薬指麻痺強くなる:整形外科理学療法で首牽引の後遺症(これが一番長く先が見えない)

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:29 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4305
トラックバック
Search this site