経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< Xデザイン学校2018ビギナーコース#10回 発表会と講評 | TOP | 脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ) >>
Xデザイン学校2018年度最終発表会

IMG_6969.jpg

 02月23日(土)、2018年度マスターコースの最終発表会。

 テーマは、ヤフーEコマースの提案。ビジネスシーズ+ユーザー体験

 私の担当クラスなので、直前までどうなるか気をもんだが。w

 いや〜!良かった。今までで一番良かった。

 最初は単なるEコマースの買い物体験みたいな取り組みだったのを、プラットフォームやペイメント決済まで大きく捉えての提案になった。
 これは、ヤフーのEコマースの事業部に見せたい。ww

 

◇Xデザイン学校2018マスターコース・アーカイブ

 05月19日(土):#01エスノグラフィ(佐々)

 06月16日(土):#02エスノグラフィ(佐々)

 07月14日(土):#03ビジネスインタビュー(山崎)

 08月25日(土):#04価値分析とUXデザインパターン

 09月15日(土):#05リフレームとアイディア発想(山崎)

 10月20日(土):#06UXデザインコンセプトとビジネス戦略

 11月10日(土):#07ストーリーボードと簡易プロトタイプ

 12月15日(土):#08体験プロトタイピング

 01月19日(土):#09UXデザイン評価とビジネスモデル評価

 02月23日(土):#10最終発表

 

IMG_6978.jpg

 2018年度ベーシックコースの最終発表会も23日(土)の午後開催。

 テーマ:大人の旅の提案。ユーザー体験

 ベーシックコースは、マスターコースと違って企業課題では無いので、ビジネス情報無しのユーザー体験のみの提案だ。

 そこで苦労したのが、ダミーで良いからサービス提供者を定義しないでユーザー調査をしたところ。

 あまりに調査の範囲が広くなったのか、或いは自分がペルソナになってしまったのかだ。

 そこを除けば、かなり面白い提案が多かった。

 発表の完成度も高く、出来ればマスターへ進学して更に磨きをかけて貰いたい。

 

◇Xデザイン学校2018 ベーシックコース・アーカイブ

 05月19日(土):#01ブートキャンプ

 06月16日(土):#02ビジネスインタビュー

 07月14日(土):#03調査技法の基礎(脇阪)

 08月25日(土):#04調査分析の基礎(脇阪)

 09月15日(土):#05ペルソナ/シナリオ法

 10月20日(土):#06UXデザインコンセプトの基礎(山崎・脇阪)

 11月10日(土):#07UXデザインプロトタイプの基礎(山崎)

 12月15日(土):#08UXデザイン評価の基礎(山崎)

 01月19日(土):#09UXデザイン具体化の基礎(山崎)

 02月23日(土):#10最終発表(山崎)

 

IMG_6994.JPG

 02月24日(日)、2018年度アドバンスコースの研究発表会。

 Xデザイン学校の中では最上級のコースだ。

 流石に粒のそろった研究発表で、3年間やって来たが一番良かった。w

 研究に多様性があるのも良い。

 

・「Fintechを題材としたアイデア創出プロセス」仙波真二
・「未来のユーザー体験創出に関するデザインアプローチ」柴田 英喜
・「航空管制卓開発のためのタスク分析の実践事例」平子元
・「文化特性を抽出するための調査方法の研究」Oulen Tumur
・「組織における人事評価制度・教育プログラムのためのデザインスキルの研究」佐々木俊弥
・「カスタマージャーニーを基点に、経営視点でビジネスとITの全社最適を図る方法論について」薄井祐騎
・「縁側コミュニケーション」渡辺 隆行
・「5G時代ビジネスモデル提案の為の視覚化」笈川美貴

 

◇2018年度アドバンスコース・アーカイブ

 05月20日(日):#01スタート

 06月17日(日):#02プロフェッショナル

 08月26日(日):#04研究の進め方(椎塚 久雄)

 09月16日(日):#05進捗状況報告

 10月21日(日):#06 話題提供

 11月18日(日):#07 話題提供

 12月16日(日):#08 話題提供

 01月20日(日):#09 発表準備

 02月24日(日):#10研究発表会

posted by アサノ | 07:33 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4314
トラックバック
Search this site