経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< ティエム アン フォーン ヴィエット(烏丸御池) | TOP | 第6回Xデザインフォーラム「フィンテックとデザイン、経営とデザイン」 >>
脳震盪後遺症回復日誌204日目(台北で気功治療を受けた)

IMG_7624.JPG

 05月01日(令和元年初日)、204日目。

 GWにかけて台湾に来ていた。

 そこで以前から気になっていた気功の先生を予約して来てみた。

 東京にいる時にメールして予約を取り、台北のMRT淡水線圓山駅の近くです。

IMG_7626.JPG

 診察と施術は「えっ、それだけ?」っていうぐらい簡単でした。

 「首がずれていたので治しておいた、頭の中は触れないので足の指のツボを刺激した。」とのことでした。

 足の親指のツボ押しが悲鳴を上げるぐらい痛かった、左側が特に痛いのは左に障害が集中しているからだと。

 「これで効かなければ、鍼か漢方薬だな。」とおっしゃられて終了。

 歩いて30分から1時間で血が巡ってくると効いてくるという。

 診察と施術で3000TWD(約1万円)

 その日はあまり実感はなかったのだが、翌日飛行機に乗っていたらフッと耳鳴りが消えていたのに驚いた。

IMG_7497.JPG

 どのような治療でもそうだが、劇的に効くものというのは無くて、時間をかけて治して行くものだ。

 宗元堂の南側には、漢方薬の問屋街「迪化街」がある。

 街中に漂う漢方薬の匂いを嗅ぐと、なんだか体調が良くなるような気がする。

 身体を少しずつ変えて行こう。

 

◇宗元堂

 http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10116.html

 

◇脳震盪後遺症回復日誌

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌133日目(再び整体へ)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌126日目(目の回復状況)

2019年02月:脳震盪後遺症回復日誌125日目(紀平梨花 左手薬指亜脱臼)

2019年01月:脳震盪後遺症回復日誌109日目(整体に行ってみた)

 

◇デパス減薬日誌

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(人間ドックに行って来た)

2019年01月:デパス減薬日誌100日目(ひとつの区切り)

2019年01月:デパス減薬日誌88日目(これは脳震盪の後遺症なんじゃないか)

2018年12月:デパス減薬日誌78日目(南の島に行って思ったこと)

2018年12月:デパス減薬日誌63日目(ぶり返した)

2018年11月:デパス減薬日誌48日目(海外出張してきた)

2018年11月:デパス減薬日誌38日目(そうは問屋が卸さなかった)

2018年11月:デパス減薬日誌32日目(うつ病の野良猫はいない)

2018年11月:デパス減薬日誌27日目(運動療法に努める)

2018年10月:デパス減薬日誌18日目(流れに身を任せる)

2018年10月:デパス減薬日誌16日目(三歩進んで二歩下がる)

2018年10月:デパス減薬日誌14日目(光明が見えてきた) 

2018年10月:デパス減薬日誌12日目(物忘れが激しすぎる)

2018年10月:デパス減薬日誌10日目(仕事はしてます)

2018年10月:デパス減薬日誌8日目(出張で京都に来た)

2018年10月:デパス減薬日誌5日目(世界はドラッグであふれている)

2018年10月:デパス減薬日誌4日目(離脱症状がつらい)

2018年10月:減薬に変更した

2018年10月:断薬をしようと思ったきっかけ

2018年08月:病再び

 

posted by アサノ | 07:35 | 病院好き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4335
トラックバック
Search this site