経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2017年春 初めての機車環島 7日目阿里山から嘉儀へ | TOP | 脳震盪後遺症回復日誌230日目(症状が固定して来た) >>
Xデザイン学校2019年ベーシックコース #01ブートキャンプ

IMG_7775.JPG

 05月25日(土)Xデザイン学校2019年度がスタートしました。ベーシックコースは、40名の方が1年間に渡って学んで行きます。
 今年の参加者の特徴は、ここ数年続いたメーカー系からの参加者が減ってフィンテックに関わる方が凄く増えたこと。
 それとこれも最近数年減っていたデザイナーが増えたこと。この学校にいると、世の中の変化をダイレクトに感じます。

IMG_7779.JPG

 今回は、今後学んで貰う事のメンタルモデルを形成するのが目的だ。

 要するに、これから1年間学ぶことは「大まかにいうとこういうことなんだ」というモデルを形成しておかないと、今後回毎に様々な考え方や技法を学んでも、それが実務のどこでどのように使うかイメージできなくなる。

 10回という長い講座というのは、最初にきちんとこういう話が出来るのがありがたい。なのでブートキャンプ(新兵訓練)w

 「学ぶ」ということは構造を知ることから始まるのだ。

 例として、先日自宅のリフォームをするのでシャッターメーカーのショールームに行った時。

 対応して下さった若い女性のコーディネーターが「シャッターには大きく分けて3種類あります。フラップ式・スリット式・既存の型」「後は設置場所によって、それらのバリエーションになります。」という説明をしてくれた。

 次に行ったお風呂のショールームでは、やはり若いコーディネーターさんが「まず、浴室乾燥機をつけますか、それともつけない方にしますか?まずはそこから始まります。」とおっしゃった。

 これは前者は「構造」を伝えて、後者は「手順」を伝えた訳だ。どちらが分かり易く選びやすいのだろうか?

 Webサイトは構造を意識し、スマホのアプリは手順を重視する。これはどちらが良くて、どちらが悪いという話ではない。

 膨大な量の情報を理解するには構造が重要で、単純な伝達には手順が便利だと言うことになる。

IMG_7780.JPG

 私が約2時間余り講義をした後に、そこから更に気になったテーマについてディスカッションして発表して貰った。

 「学び」とは、インプットだけだと短期記憶に留まりにくく、それを繰り返しレッスンすることにより定着する。

 インプットしたらアウトプットすることが、学びの深化に繋がると思った方が良い。

 ブログを書いて振り返るのも良いと思う。

 

◇受講者のブログ

・数野さん:Xデザイン学校ベーシックコース #1 ブートキャンプ

・藤原さん:Xデザイン学校ベーシックコース #01 ブートキャンプ

・花井さん:【Xデザイン学校】ベーシックコース #1 ブートキャンプ

・橋本さん:Xデザイン学校ベーシックコース #01 ブートキャンプ

・剣持さん:UXデザインを学びに行ったら、マスターヨーダに大切な事を教えて貰いました。

・花田さん:[Xデザイン学校ベーシックコース]#01ブートキャンプ

・大島さん:Xデザイン学校ベーシックコース #01

・水上さん:Xデザイン学校ベーシックコース#01 ブートキャンプ

・水谷さん:自分の背後の穴に向き合う

・山里さん:01ブートキャンプ(X デザイン学校ベーシックコース)

・綾木さん:2019Xデザイン学校ベーシックコース#1

・玉木さん:2019 Xデザイン学校ベーシックコース #01

・岩田さん:[2019年 Xデザイン学校 ベーシックコース] #01 ブートキャンプ

・アシュワンデンさん:Xデザイン学校でUXを学ぶ #01

・高橋さん:Xデザイン学校ベーシックコース第一回振り返り

 

◇Xデザイン学校2019 ベーシックコース・アーカイブ

 05月25日(土):#01ブートキャンプ

 06月22日(土):#02ビジネスインタビュー

 07月27日(土):#03エスノグラフィ

 08月24日(土):#04質的調査の価値分析

 09月21日(土):#05ユーザーインタビュー

 10月26日(土):#06ペルソナ作成

 11月30日(土):#07構造化シナリオ

 12月21日(土):#08プロトタイピング

 01月25日(土):#09ユーザー評価法

 02月22日(土):#10発表と講評

 

◇Xデザイン学校2018 ベーシックコース・アーカイブ

 05月19日(土):#01ブートキャンプ

 06月16日(土):#02ビジネスインタビュー

 07月14日(土):#03調査技法の基礎(脇阪)

 08月25日(土):#04調査分析の基礎(脇阪)

 09月15日(土):#05ペルソナ/シナリオ法

 10月20日(土):#06UXデザインコンセプトの基礎(山崎・脇阪)

 11月10日(土):#07UXデザインプロトタイプの基礎(山崎)

 12月15日(土):#08UXデザイン評価の基礎(山崎)

 01月19日(土):#09UXデザイン具体化の基礎(山崎)

 02月23日(土):#10最終発表(山崎)

 

 

posted by アサノ | 07:34 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4348
トラックバック
Search this site