経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2017年春 初めての機車環島 9日目台南の朝 | TOP | 2019年06月のイベント(アサノの記録) >>
2017年春 初めての機車環島 9日目台北で酸菜白肉火鍋

P1000707.JPG

 3月29日(水)の午後、台北車站に到着。

P1000705.JPG

 ここの駅はいつ来ても大きい。w

P1000708.JPG

 駅と言うよりは公園と言うか、夏も涼しいので人が集まる。w

P1000702.JPG

 南1門(忠孝西路)出口にある郵便局へ。

P1000696.JPG

 ここが台湾ドルへの両替レートが良い。

 お勧めである。w

P1000709.JPG

 台北の地下鉄(捷運:しょううん)の東門站近くの永康街にある定宿にチェックイン。

P1000710.JPG

 ここは、ワンフロアに2部屋しか無いが、とても気持ちの良い台北で一番好きな宿だ。

P1000715.JPG

 文明に帰って来た気がする。w

P1000716.JPG

 トイレもウォシュレット付きで紙もそのまま流せる。ww

P1000719.JPG

 日本へのお土産は、「大同電鍋」。ww

P1000728.JPG

 夜になって、街に出て来た。

P1000721.JPG

 今夜は「長白小館(ちゃんぱい)」という酸菜白肉火鍋のお店。

P1000722.JPG

 今日から山岸が台北に来ているので合流だ。

P1000726.JPG

 食った食った。

P1000739.JPG

 その後、山岸が観光したいと言うので。

P1000746.JPG

 タクシーで台北最古のお寺龍山寺に来た。

P1000731.JPG

 夜でも参拝客が絶えない。

P1000732.JPG

 もうもうとたち込める線香の煙。

P1000736.JPG

 日本でいえば浅草の観音さまみたいな感じだ。

P1000744.JPG

 台湾の人々は信心深い。

P1000745.JPG

 宗教に対して信心が深いと、悪いことをするときにブレーキがかかる。

 台湾の人々が素晴らしいのは、信仰の力も大きいのだろう。

P1000748.JPG

 その後、華西街夜市に来た。

 まさに浅草である。w

P1000751.JPG

 ある有名な建築家の言葉に「都市には魂を清める場所と、いかがわしい場所がある」というのがある。w

P1000752.JPG

  そのいかがわしい方が艋舺(モンガ)だ。

P1000753.JPG

 艋舺は、台湾の山地から切り出した木材が荷揚げされる淡水河に面し、台北でも最も早くに栄えた街だ。

P1000754.JPG

 木材の運搬・荷揚げとなれば肉体労働者が集まり、酒・博打・女が必要になり。

 黒道というやくざも生まれる。

P1000755.JPG

 周囲約200m四方に囲まれた地域が、歓楽街の艋舺である。

P1000757.JPG

 屋台が並び。

P1000758.JPG

 賑やかな夜を迎えています。

P1000759.JPG

 浅草と言うよりは歌舞伎町。w

P1000761.JPG

 そしてその奥の方には。

P1000762.JPG

 怪しげな路地が。

 山岸決死の撮影中。ww

P1000763.JPG

 この奥にはなにがあるのでしょうか?

P1000764.JPG

 夜市に戻ってきました。w

P1000765.JPG

 さあ、ホテルに戻って寝るか。

 

◇2017年3月初めての機車環島アーカイブ

3月21日(火):1日目台北に到着

3月22日(水):2日目台南に移動

3月22日(水):2日目台南をうろつく

3月23日(木):3日目高雄でスクーターを借りる

3月23日(木):3日目台東の民宿小時光

3月24日(金):4日目花東公路海線を行く

3月24日(金):4日目花蓮に到着

3月25日(土):5日目ここからは未踏の地

3月25日(土):5日目なんとか台湾島の西側に出る

3月26日(日):6日目思わぬ発見大渓老街

3月26日(日):6日目台中でBBQ

3月27日(月):7日目霧社事件の現場と日月潭

3月27日(月):7日目阿里山から嘉儀へ

3月28日(火):8日目マンゴーの里玉井から高雄に帰還

3月28日(火):8日目台南で打ち上げ

3月29日(水):9日目台南の朝

3月29日(水):9日目台北で酸菜白肉火鍋

3月30日(木):10日目ワークショップの打合せ

3月30日(木):10日目永康街の夜

3月31日(金):11日目永康街の朝

3月31日(金):11日目永康街から龍泉市場

3月31日(金):11日目永康街で奇跡の光景を見る

 

posted by アサノ | 07:33 | 2017年3月 初めての機車環島 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4352
トラックバック
Search this site