経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 祇園祭 2019 前祭山鉾巡行 | TOP | 2017年春 初めての機車環島 10日目ワークショップの打合せ >>
祇園祭 2019 神幸祭

DSCF2868.JPG

 07月17日(火)の夜。

DSCF2861.JPG

 二条寺町のビストロ「ブション」テラス?席で冷たく冷やした白ワインを飲みつつ。

DSCF2877.JPG

 突如暗闇から、賑やかな行列が現れる。

DSCF2883.JPG

 夕方に八坂神社をスタートして京都の街を練り歩く「神幸祭」の神輿だ。

DSCF2887.JPG

 この突如闇から現れて。

DSCF2893.JPG

 あっという間に去っていく賑やかな集団って、バリ島みたいだ。

 日本のお祭りを見るたびに、日本人もズール族も世界は同じだと思う。w

DSCF2919.JPG

 ワインを飲み干して、行列の後を追い四条通りまでやって来ると。

DSCF2921.JPG

 「御旅所」に神輿を納めているところだった。

 四条通りの河原町から西に入ル辺り。

DSCF2923.JPG

 ハイライトといわれる山鉾の巡行には街中を巡って悪霊を集め都大路を清めるという役割があります。

 清められた町に八坂神社から神様をお迎えする「神輿渡御」こそが、祭り最大の行事なのです。

DSCF2932.JPG

 前祭の山鉾巡行から後祭の山鉾巡行の間、清められた京都の街に八坂神社の神様をお迎えする行事が「神輿渡御」。

 山鉾巡行が祇園祭のメインイベントだと持って、もう帰ってしまった観光客は、本当の神事を見ていない訳やね。

DSCF2937.JPG

 わしらは、暑い昼間は大人しくしていて、夜のこのメインイベントを見るのが好きです。

 御旅所前での神輿を激しく動かす「差し上げ」「差し回し」があり。

DSCF2943.JPG

 昼間の雅な山鉾巡行に比べて、夜の「神輿渡御」は勇壮だ。

 神様が来るのが「神幸祭」、お帰りになるのが「還幸祭」。

DSCF2956.JPG

 この後、三基の神輿が揃うと再び道路に出て、神輿を荒々しく揺らす「魂振り」を行う。

 雅楽の演奏に合わせて神の霊を揺り動かし活性化してもらい、その魂にあやかろうとする信仰である。

DSCF2966.JPG

 四条通りを烏丸方面を望む。

DSCF2969.JPG

 帰途につく人々。

DSCF2970.JPG

 私も「Takumiya」が閉店時間になる前に戻って来た。w

 

◇2019年祇園祭アーカイブ

07月15日(月):前祭宵々山

07月17日(火):前祭山鉾巡行

07月17日(火):神幸祭

 

◇2018年祇園祭アーカイブ

07月16日(月):炎天下の京都

07月16日(月):前祭宵山

07月17日(火):前祭山鉾巡行

07月22日(日):後祭宵々山

07月23日(月):丹後半島伊根ドライブ

07月24日(火):後祭山鉾巡行

07月25日(水):下鴨神社みたらし祭

 

◇2017年祇園祭アーカイブ

07月16日(日):宵山

07月17日(月):山鉾巡行

07月17日(月):神幸祭

 

◇2015年祇園祭アーカイブ

07月15日(水):宵々山

07月16日(木):宵山

07月17日(金):台風直下の山鉾巡行

07月17日(金):深夜の神幸祭

 

◇2014年祇園祭アーカイブ

7月15日(火):祇園祭宵々山

7月16日(水):インフォバーン(京都)

7月16日(水):猪一(京都寺町)

7月16日(水):祇園祭宵山

7月17日(木):祇園祭山鉾巡行

 

posted by アサノ | 07:33 | 京都生活 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://asanoken.jugem.jp/trackback/4370
トラックバック
Search this site