経験デザインとエスノグラフィを語る私的なブログ
<< 2日目 ワークショップ | TOP | 2019年11月のイベント(アサノの記録) >>
Xデザイン学校2019年ビギナーコース#05 ユーザーインタビュー

 11月01日(金)、ユーザーインタビューの2回目。

 前回行ったグループインタビューから、インタビューイを絞り込んでデプスインタビューを行う。

 通常実務ではデプスインタビューのインタビューイをリクルートして行うのだが。

 私は先にあるセグメントに対して5〜6名ぐらいのフォーカスグループインタビューを行い。

 そこでデプスインタビューのインタビューイのスクリーニングを行ってしまう。

 いきなりデプスインタビューのインタビューイを最適な方々で構成するのは難しいことが多いので、この方法はお勧めだ。

 しかも、グループインタビューである程度の推論も立つし、デプス以前にいろいろ訊けているので時間も短縮にもなる。

 今回のデプスインタビューは、成果物として「行動シナリオ」を作成して貰うことになっている。

 実務ではインタービューを行うメンバーは少人数であることが多いが、結果を開発チーム全員に共有する必要がある。 

 その場合、インタビューの書き起こしを何人分も回覧しても読んでも貰えないだろう。

 出来るだけエッセンスを抽出して共有する必要がある。その時使うのが「行動シナリオ」だ。

 行動シナリオは、インタビューから得られたインタビューイの求めるゴール(本質的な欲求)や価値を明確にして、そこに至るプロセスを物語化したペーパーである。

 これをインタビューイ毎に作成する。

 このインタビュー結果をA4ペーパー1枚にまとめたものは、これだけでも素晴らしい資料になるし、後のペルソナの作成にもとても役に立つ。

 しかし受講生の皆さん、インタビューに夢中になりゴールを探ることが頭から飛んでしまっている。w

 アランクーパー(Alan Cooper)は、ペルソナ法のことをゴールダイレクテッドデザインと呼び、サービスを使う人々のゴール(目的・価値)に焦点を当て、それが達成できるデザインを行うことだと言っているのだよ。

 

※写真について:当日偶然にクラシックレンズのついているカメラを持っていたので、それで撮った。

 以前ある人が「妄想は解像度が低いほどリアル」と言ったが、なんか分かる気がする写り。w

 

◇Xデザイン学校2019ビギナーコース・アーカイブ

09月06日(金):#01UX概論

09月20日(金):#02ビジネスインタビュー

10月04日(金):#03ビジネスインタビュー

10月17日(木):#04ユーザーインタビュー

11月01日(金):#05ユーザーインタビュー

11月15日(金):#06ペルソナ/シナリオ法

11月29日(金):#07ペルソナ/シナリオ法

 

◇Xデザイン学校2018ビギナーコース・アーカイブ

09月27日(木):#01回 UX概論

10月10日(水):#02回 質的調査ビジネスインタビュー

10月25日(木):#03回 質的調査ビジネスインタビュー

11月08日(木):#04回 質的調査ユーザーインタビュー

11月22日(木):#05回 質的調査ユーザーインタビュー

12月07日(金):#06回 ペルソナ/シナリオ法

12月20日(木):#07回 ペルソナ/シナリオ法

01月18日(金):#08回 構造化シナリオ法

02月01日(金):#09回 構造化シナリオ法

02月15日(金):#10回 発表会と講評

posted by アサノ | 07:37 | Xデザイン研究所 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site